大型コピー機レンタル【ZEROコピ】は本当にコスパが良いのか?

皆さんこんにちは。

突然ですが、大型複合機のレンタルサービスを提供している「ZEROコピ」をご存知でしょうか。

 

「リース代や保守代が0円」を謳っているZEROコピですが、実際のコストパフォーマンスはどうなのか、気になりませんか?

コピー機(複合機)を導入する際は8割の企業がリース契約をしてコピー機を利用しております。

 

「ZEROコピ」サービスではレンタル契約になりますが、一般的なリース契約と比較しながら、実際にかかる料金やコストパフォーマンスをご紹介させていただきます。

 

 

「ZEROコピ」とは? 特徴紹介

「ZEROコピ」はBIGUP 株式会社が運営している、都心向けの業務用複合機レンタルサービスです。

基本的には一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)を対象としてサービスを展開しており、「リース0円」、「カウンター代0円」、「保守代0円」など、特に安さの部分を売りにしています。

※ここ最近ではエリア拡大もしているようなので、遠方の方も問合せしてみるのもありです。

 

業務用複合機のレンタルに契約期間の縛りを設けていないことが特徴で、これは複合機を取り扱っている企業としては業界初のシステムになります。

新規企業やベンチャー企業向けのプランも提供しており、その圧倒的な安さから都心部の方を中心に利用されています。

冒頭にお話ししたリース契約は5年~7年の長期的に契約になり、契約するためには審査が必要になります。

また、連帯保証人を付ける必要があるので、リスクもあるのが現状です。

 

そんな中で「ZEROコピ」サービスはレンタル契約になるので審査は不要で、個人の方でも気軽にレンタルできることが強みになります。

⇒コピー機のリース審査基準とは?

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

料金プラン

「ZEROコピ」サービスの主な料金プランは4つあります。

月々の印刷枚数に応じて最適なプランを選択することができます。

 

すべてのプランで最低利用期間を設けていないため、いつでも解約が可能です。

また、保守とメンテナンスはなんと無料

長くコピー機を利用すると部品交換してもすぐに印刷不良が起きてしまう事があります。

そんな場合はコピー機を丸々、入替えも可能です。

コピー機の入替えはレンタル契約だからこそ可能となります。※リース契約の場合はできません!

入替えの場合でも、保守・メンテナンスの範囲なのでもちろん無料で対応してくれます。

では、それぞれのプランを細かく見ていきましょう。

 

Zerocopy startupプラン 2,980円/月

こちらは、新規でビジネスを開始する方向けのプランです。

月額費用は2,980円となっており、大型複合機のレンタルサービスとしては、非常に低価格で提供しています。

 

ひとつ注意が必要な点は、消耗品のトナーは都度購入する必要があるということ。

トナーカートリッジはモノクロ印刷:約12,000枚の印刷ができるため、頻繁に交換する必要はありません。

 

また、そのかわりにカウンター料金はなんと「無料」となっており、ランニングコストを低額に抑えることが可能です。

そのほか、複合機以外にもインターネット回線の開通やビジネスフォンの提供など、新設の企業向けのサービスを提供しており、レンタルサービスとは別に契約することができます。

このプランは加入に条件が設定されていますが、コストパフォーマンスの面で見ると非常に優秀なプランなので、会社を設立しようと思っている方などは是非、一度問い合わせてみてください。

⇒開業した方必見!コピー機レンタルZEROコピのスタートアッププランがおすすめな理由

 

zerocopy neoプラン 5,980円/月

「ZEROコピ」サービス人気No.1のプランです。

月額料金は5,980円で、こちらもトナーは都度購入になっています。

 

このプランは月々の印刷枚数が少ない方向けに提供されており、経費を抑えたい会社にオススメです。

5,980円/月と低額なこと、「ZEROコピ」に契約期間の縛りがないことから、このプランを選ぶことで短期間の印刷でも気軽にコピー機をレンタルして利用することができます。

 

zerocopy standardプラン 9,800円/月

こちらは月額9,800円のプランです。

月々モノクロ2,500枚、カラー500枚までを想定しており、この枚数までならカウンター料金はかかりません。

また、こちらはトナーの購入も不要なので、ランニングコストの計算も簡単です。

 

上記の枚数を超えてしまった場合は別途でカウンター料金がかかってしまいますが、モノクロは1.5円、カラーが15円と、カウンター料金としては一般的か、少し安い価格になっています。

 

zerocopy customプラン

こちらは、上記の3つのプランよりも更に多くの印刷をする会社向けのプランです。

利用者に合わせて臨機応変な内容でプランを組むことができ、フルカラーの刷り放題も可能になります。

細かい内容や料金は「ZEROコピ」と相談して決めていくことになるので、気になる方は是非お問い合わせください。

 

 

レンタルできる複合機の性能、耐久力

コストパフォーマンスには、価格だけでなく性能も重要です。

「安物買いの銭失い」という言葉もあるように、安価でレンタルしたは良いものの、すぐ壊れてしまっては意味がありません。

では、「ZEROコピ」でレンタルできる業務用複合機の性能や耐久力はどうなのでしょうか。

 

 

・性能

すべてのプランで多機能な複合機をレンタル可能

「ZEROコピ」サービスでは、すべてのプランで多機能な複合機をレンタルすることができます。

複合機に標準で搭載されている機能はなんと15種類以上。

複合機に必須のコピーやプリント以外にも、FAXやスキャナなど、業務の効率を上げることのできる機能が満載です。


コピー プリント FAX インターネットFAX スキャナー 自動両面機能 多段給紙
A3印刷 A4印刷 ネットワーク機能 カラー液晶機能 はがき印刷 スマホ印刷
タブレット印刷 ダイレクトプリント MAC印刷


※スマホ印刷・タブレット印刷・MAC印刷をしたい場合は機種のグレードアップが必要となります。

 

・耐久力

保守・メンテナンスが無料

耐久力が特別高い複合機をレンタルできる、というわけではありませんが、メーカー小売価格だと100万円以上の業務用複合機をレンタルする事ができます。

月間印刷枚数5,000枚程度の方であればストレスなく印刷する事が可能です。

また、「ZEROコピ」サービスではレンタルした複合機の保守・メンテナンスを、なんと「無料」で受けることができます。

定期的なチェックは複合機を長持ちさせるため、耐久力の面でも問題はありません。

また、万が一複合機にトラブルがあった場合も、訪問修理サービスを無償で受けられるので安心です。

メンテナンスや訪問修理サービスは、基本的に即日対応が可能になっており、いつまで待っても修理業者がこない、なんてこともありません。

【ZEROコピ】は安さだけではなく、メンテナンスにも力を入れています。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

実際にいくらかかる?コストパフォーマンスは?

ここまでで「ZEROコピ」の料金プランとサービスをお伝えしましたが、では「ZEROコピ」で複合機をレンタルすると、実際いくらかかるのでしょうか。

 

通常、レンタルコピー機にかかってくるランニングコストは、「レンタル費用+カウンター料金+消耗品代」です。

これを踏まえて、「ZEROコピ」を導入している企業を元に料金モデルをご紹介しましょう。

 

・「zerocopy startupプラン」モノクロ月間印刷枚数1,000枚

月額レンタル料金:2,980円
月換算トナー費用:833円(1本10,000円 モノクロ容量12,000枚)
カウンター料金:0円
合計 3,813円


新設の企業だけが加入できるプランだけあって、その料金は驚きの安さです。

他企業や他プランと比べて、コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

 

 

・「zerocopy neoプラン」モノクロ月間印刷枚数200枚

月額レンタル料金:5,980円
月換算トナー費用:133円(1本8,000円 モノクロ容量12,000枚)
カウンター料金:0円
合計 6,113円


Startupプランよりコストパフォーマンスは落ちますが、それでもまだまだ安価です。

リース契約の相場が10,000円~ということを考えると、こちらもコストパフォーマンスは良いと言えます。

 

 

・「zerocopy standardプラン」モノクロ月間印刷枚数3,000枚

月額レンタル料金:9,800円
月換算トナー費用:0円
カウンター料金:750円(モノクロ印刷枚数500枚超過分)
合計 10,550円


Standardプランは、モノクロ2,500枚・カラー500枚までの印刷にはカウンター料金が発生しないため、月3,000枚印刷する、こちらの会社では、モノクロ印刷の超過した500枚分の料金しかかかっていません。

通常、月3,000枚の印刷ではリース契約でもリース料が12,000円。カウンター料金がモノクロ1円×3,000枚で合計15,000円程度になります。

本来リース契約よりも高額であるはずのレンタルサービスでこの価格は、とてもお得ですね。

 

今回はプランごとに、3つの料金モデルをご紹介しました。

一般的にレンタルよりも安いと言われているリース契約は、月々の平均費用がリース料金とカウンター料金をあわせて12,000円~25,000円程度です。

「ZEROコピ」はレンタル契約でありながらこの料金で契約できることを考えると、コストパフォーマンスはとても高いと言えます。

特に、「zerocopy startupプラン」のコストパフォーマンスは圧倒的

条件に当てはまるのなら、是非導入を考えてみてください。

 

 

リース契約との比較

次は、一般的なリース契約との詳細な料金比較です。

月々の印刷枚数が同じぐらいの場合、「ZEROコピ」サービスのレンタルと比べてどのような差があるのでしょうか。

※一般的なリース契約では、ほとんどの場合同時にカウンター保守契約を結んでおり、トナーなどの消耗品は保守料金に含まれています。

 

・月間印刷枚数モノクロ500枚の場合

月々に印刷する枚数が500枚程度の場合、一般的なリース契約の料金は以下の通りです。

リース料金 10,000円
カウンター料金 500円(1枚1円)
最低基本料金 2,500円
合計 12,500円


 

対して、「ZEROコピ」の一番人気プラン「zerocopy neoプラン」ではこちら。

レンタル料金 5,980円
カウンター料金 0円
月換算トナー費用 333円
合計 6,313円


 

この通り、毎月6,000円以上、年間で72,000円以上の差が発生します。

「ZEROコピ」neoプランはトナーを自費で交換しなければなりませんが、それ以上にカウンター料金0円が大きく、この差額に繋がりました。

また、トナーカートリッジの料金が1本あたり8,000円ですが、トナー4色でモノクロ印刷12,000枚、カラー印刷9,000枚相当の印字ができるため、単純にカウンター料金として計算するとモノクロ印刷0.7円、カラー印刷3.5円で印刷する事が可能です。

「ZEROコピ」neoプランのトナー料金一本あたり8,000円が凄く安い事が分かると思います。

 

リース契約はレンタル契約と比べて5年~7年と長期で契約を結ぶ必要があります。

また、基本的に途中で解約することもできません。

5年~7年の間にもし、会社の事業が傾いてしまった場合などは連帯保証人の代表取締役の方が支払っていく必要があります。

 

「ZEROコピ」のレンタルは短期間の契約にも対応しており、いつでも解約することができます。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

なぜ安い?他社との違い

一般的にリース契約より割高とされている複合機のレンタルサービスを、「ZEROコピ」はなぜここまで安く提供できるのでしょうか。

 

秘密は3つの経営体制にあります。

 

少数精鋭

まず1つ目は、少数精鋭であるということ。

「ZEROコピ」では、業務に関わる人間を最小限に抑えることで、人件費をなるべくかけないようにしています。

複合機をメーカーから仕入れる場合、基本的には大手の大きな会社のほうが安く仕入れることができます。

しかし、大手の会社は業務に関わる人数も多く、そのぶん社員の人件費を確保しなければなりません。

そのため安く仕入れることができても、販売時にはある程度の金額を上乗せする必要があります。

大手の複合機のリース契約には、人件費が重くのしかかっているのです。

関わる人数の少なさが、「ZEROコピ」と他の販売代理店との差を生み出しているというわけですね。

 

地域限定

2つ目は、地域を限定してサービスを展開しているということ。

「ZEROコピ」は、一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)を中心としてサービスを展開しています。

サービス範囲をいたずらに広げてしまうと、そのぶん多く支社を作ることで保守の人件費がかさみ、配送の費用もかかってしまいます。

「ZEROコピ」はサービス範囲を意図的に狭めることで、これらの費用をカットできているのです。

 

オンライン対応

3つ目は、DX化による営業のオンライン対応です。

積極的にインターネットを介してやりとりを行っているため、無駄なコストをかけていません

最小限の費用だけでレンタルの契約を結ぶことができます。

 

 

以上の3つの要素が、他の企業との違いを生み出している差です。

安価で提供するために、削れる費用を極限まで削っている、ということですね。

 

 

導入の流れ

コストパフォーマンスが非常に高いことがわかった「ZEROコピ」サービスですが、実際に契約するにはどうしたら良いのでしょうか。流れをご説明します。

 

①問い合わせ

まずはお問い合わせを。

公式HPでは問い合わせフォーム・直接お電話のどちらも対応しており、お電話は土日祝以外の10時~18時までの対応となっています。

 

 

②専門スタッフと最適なプランの選定

お問い合わせの内容を考慮して、専門のスタッフが最適なプランを提案します。

 

 

③契約

契約時の申込書はデータでのやり取りなので、スピーディーに契約を進めることが可能です。

複合機の設置日もこの時点で決定されます。

 

 

④ご入金

基本的に設置日の前日までに初回請求金額をお支払いします。

 

 

⑤搬入、設置

専門のスタッフが訪問し、複合機を設置します。

お問い合わせから最短で、なんと翌日には設置して使用することが可能なほどスピーディーに進みます。

思い立ったその日にすべての手続きが終わるので、緊急時の利用にも便利です。

⇒コピー機の搬入・設置の流れ

 

 

まとめ

会社で利用する複合機のリース料金の相場は、10,000円~と言われています。

レンタルサービスにも関わらず最低2,980円で利用できる「ZEROコピ」は、間違いなくコストパフォーマンスが高いと言えますね。

 

新しく複合機を導入しようと思っている方、今のリース契約にご不満がある方は、ぜひ一度「ZEROコピ」にお問い合わせしてみて下さい!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)