業務用コピー機(複合機)メーカー別シェアランキング~2022年版~

業務用コピー機(複合機)市場には日本国内のみならず海外のメーカーも含めた数多くの企業が参入しています。

正直、どのコピー機メーカーを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

日本国内でも10社以上のコピー機(複合機)にメーカが存在します。

価格、印刷品質、機能面、メンテナンス体制、オプションなどメーカーによって推しているポイントなど様々です。

その中で、自分に見合ったコピー機(複合機)メーカーを探すのは難しいのが現状です。

 

こちらの記事では、どのメーカーがコピー機(複合機)のシェア上位を占めるのかをランキング形式でご紹介します。

番外編ではここ最近急成長しているメーカーのご紹介や、筆者の個人的おすすめメーカーもご紹介します。

それでは、2022年最新の業務用コピー機(複合機)メーカー別シェアランキング、見てみましょう!

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

2022年 業務用コピー機(複合機)メーカー別シェアランキング

まず知っておきたいのは、業務用コピー機(複合機)市場に参入している主なメーカーの把握です。

「富士フィルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)」「キャノン」「リコー」「京セラ」
「シャープ」「コニカミノルタ」「ムラテック」「東芝」などが挙げられます。

※その他メーカーもございますが、業務用コピー機(複合機)市場における主なメーカーを記載しています。

 

さあ、日本国内の業務用コピー機(複合機)の導入シェアランキングを発表させていただきます!!

 

1位 富士フィルムビジネスイノベーション

2位 リコー

3位 キャノン

 

上記、3社が業務用コピー機(複合機)シェアの70%以上を占めており、
この「富士フィルムビジネスイノベーション」「リコー」「キャノン」がそれぞれ
20%以上のシェアを分け合っている状況です。

続いて4位「シャープ」5位「コニカミノルタ」と続き、
このあわせた
5社(富士フィルムビジネスイノベーション、リコー、キャノン、シャープ、コニカミノルタ)で日本国内の複合機、コピー機の80%以上のシェアを占めています。

 

上記は業務用コピー機(複合機)のランキングになりますが、
家庭用のインクジェッコピー機(複合機)では、
「エプソン」と「キャノン」がともに40%以上のシェアを占めています。

 

業務用コピー機(複合機)では「富士フィルムビジネスイノベーション」「リコー」「キャノン」

家庭用インクジェットコピー機(複合機)では「エプソン」「キャノン」が人気のコピー機メーカーとなります。

⇒業務用の大型コピー機市場の動向を解説!導入シェアランキングも紹介~2022年版~

 

ランキング上位のコピー機メーカーの特徴

ランキング1位~3位の業務用コピー機(複合機)の最大の特徴は印刷画質に優れている事です。

特に「富士フィルムビジネスイノベーション」の画質には定評があります。

他のメーカーと比べて、画像データーの再現性が優れており、Mac PCを利用のデザイン系の会社などに支持を得ております。

「富士フィルムビジネスイノベーション」は印刷品質が優れているいる分、他のメーカーよりもカウンター料金が割高になります。

⇒コピー機業界No1!!ゼロックス複合機の商品紹介

 

また、「富士フィルムビジネスイノベーション」「リコー」「キャノン」など導入台数のシェアを占めているメーカーは保守拠点も多くあるので、導入エリアにもよりますが迅速なメンテナンス対応が見込めます。

カウンター料金は割高になるかもしれないですが、業務用コピー機(複合機)は仕事するにあたって長く使用していく事務機器となりますので、故障やトラブルが発生した場合の対応はかなり重要なポイントになると思います。

導入エリアからメーカーの保守拠点が遠いと、対応完了までの時間が掛かりますので、保守拠点は予め確認しておくポイントとなります。

⇒正しいコピー機の選び方で、機能もコストも損しない!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

2022年 気になる急成長コピー機メーカーとは?

次にここ最近、急成長している業務用コピー機(複合機)をご紹介させていただきます。

それは「京セラ」の業務用コピー機(複合機)になります。

導入シャア率は「富士フィルムビジネスイノベーション」「リコー」「キャノン」には劣りますが、「京セラ」の業務用コピー機(複合機)が一気に導入台数を伸ばしてきたと感じます。

 

何十年も続いている業務用コピー機(複合機)業界ですが、何故、京セラが急成長を遂げたのでしょうか?

それは京セラの業務用コピー機(複合機)はカウンター料金がどこのメーカーよりも断トツに安設定したからです。

「富士フィルムビジネスイノベーション」「リコー」「キャノン」に比べて、京セラは後発的に業務用コピー機(複合機)業界に参入し、カウンター料金の価格破壊を起こしたイメージです。

東京都のカウンター料金の相場はモノクロ1円、カラー10円と言われておりますが、京セラではモノクロ0.6円、カラー6円でカウンター料金がでる事もあります。

このカウンター料金は毎月の印刷枚数や設置場所などで変動されます。

カウンター料金の詳しい内容に関しては下記、コラムを確認してみてくださいね!

⇒コピー機(複合機)のカウンター料金の仕組みとは?-メリットとデメリット・相場・節約方法・注意点-

 

「京セラ」はここ数年で出荷台数を急激に伸ばしている関係でメンテナンスに不安などの声が上がっています。

現時点では富士フィルムビジネスイノベーションやリコー、キャノンんに比べると保守拠点数は少ないですが、出荷台数を伸ばしている分、保守拠点もここ数年で増やしております。

 

また、2021年1月に京セラ人気シリーズのTASKalfaから【2554ci / 3554ci】が発売されました。

新しく便利な機能なども搭載されたので是非、checkしてみてくださいね。

⇒京セラ【TASKalfa 2554ci・3554ci 】ランニングコストに優れた人気シリーズ

 

今後も京セラの業務用コピー機(複合機)は注目しといてもいいかもしれません。

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

まとめ

業務用コピー機(複合機)メーカーの国内シェアランキングについてご紹介しましたが、市場では「富士フィルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)」「リコー」「キャノン」の3社が圧倒的な力を持っています。

出荷台数が多い分、保守拠点も多いのでメンテナンス対応も申し分ないと思います。

ただ、業務用コピー機(複合機)の設置エリアからメーカーの保守拠点が遠いと訪問メンテナンスに時間を要する場合があります。

なので、予め導入するコピー機メーカーの保守拠点はどこにあるのか確認しておく事をおすすめします。

 

ここからは私の独断と偏見になりますが、

性能、品質なら「富士フィルムビジネスイノベーション」

コストを抑えたいなら「京セラ」がおすすめです。

どのメーカーも性能、印刷品質、セキュリティ面など独自の商品開発を行っていますので、導入をお考えの際は様々な角度で検討し、自分にとって最適なメーカーを探す事がポイントです。

 

 

補足

弊社【ZEROコピ】サービスでは業務用コピー機(複合機)のレンタルサービスを行っております。

ZEROコピでは保守・メンテナンスの質を担保する為に、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)にエリアを絞り展開しております。

一都三県外のお客様に対してはレンタル契約ではなく、リース契約の提案もさせていただいております。

 

お客様のご要望などをヒアリングし、【ZEROコピ】が直接メーカーに特価申請をさせていただきます。

お客様ごとに値引き交渉をさせていただき、提案させていただいております。

値引き交渉、お見積りは無料で対応しておりますので、これから業務用コピー機(複合機)の導入を検討している方や今のコピー機から切替を考えている方は是非、ご連絡ください。

⇒【ZEROコピ】リースのページはこちらから

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)