コピー機でキレイに写真を印刷するためのポイントを解説!

仕事するうえで複合機、コピー機は必要不可欠な事務機器になります。

その中でも多くの企業が使用しているコピー機は業務用大型複合機になります。

 

また、業務用複合機の大半はレーザータイプになります。

レーザータイプは家庭用に多いインクジェットプリンターに比べてランニングコストが安かったり、耐久性などの多くの面で優れています。

しかし、レーザータイプのコピー機はビジネス向けに文章や提案書の印刷を想定しており、インクジェットタイプよりも写真がキレイに印刷できないというデメリットがあります。

 

レーザータイプで画像や写真付きの年賀状などを印刷したときに、「仕上がりがイマイチだな…」と思ったことはありませんか?

やり方を工夫することでレーザータイプのコピー機でもキレイに写真を印刷することができるんです!

 

この記事ではレーザータイプのコピー機でなるべくキレイに写真を印刷する方法について解説していきます。

 

⇒どう違うの!?インクジェットとレーザープリンターを徹底比較

 

 

インクジェットプリンターが写真の印刷に向いている理由

レーザータイプのコピー機で写真をキレイに印刷する方法を説明する前に、なぜインクジェットタイプの方が写真の印刷に優れているのか解説させていただきます。

そもそもレーザープリンターとインクジェットプリンターは用紙に印字する仕組みが違います。

 

レーザーの印字仕組み

レーザープリンターでは粉状のトナーといわれる物をコピー機内部で熱処理をして溶かし、用紙に押し付けて印刷をします。

印刷をする際、ドラムカートリッジ(感光体ユニット) を通って印刷をするので印刷物の仕上りが光沢がつきます。

法人では基本的に普通紙か再生紙で印刷する事が多いと思います。

普通紙・再生紙でもカラッと仕上がって光沢がつき、印刷スピードも速いのでビジネス向きのコピー機となります。

 

インクジェットの印字仕組み

インクジェットプリンターは液状のインクを用紙に吹き付けて印刷をします。

印刷をする際、ヘッドカートリッジという部品からインクを通して用紙に吹きつけます。

ベタ塗り印刷をする際などは液状のインク量を多く使うので印刷の仕上りが湿っぽくなります。

家庭用で印刷枚数もあまり多くなく、ハガキ印刷や光沢紙などを使う事も多いと思います。

インクジェットプリンターは印刷枚数が少ない方向けに設計されており、家庭用コピー機となります。

 


 

レーザーでもインクジェットの場合でも印刷する際は「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「ブラック」の4色の色を混ぜ合わせることでさまざまな色味を作っています。

 

インクジェットプリンターのインクが液体になるのでインク同士が混ざりやすく、鮮やかに色を表現できます。

対してレーザープリンターで使用しているトナーは粉状のため、液体のインクよりも混ざりにくいです。

粉で色を表現すると、どうしてもインクに比べて不鮮明に写ってしまうため、インクジェットプリンターの方がキレイに写真を印刷できます。

 

なのでインクジェットタイプのコピー機の方が写真印刷に向いているといわれております。

 

また、インクジェットプリンターには通常の4色よりも多い5色や6色のインクを使っているタイプもあります。

そのようなタイプは4色のインクを使うよりも細かな色まで表現することが可能なので、4色のインクを使うインクジェットプリンターよりもキレイに写真を印刷することができます。

 

⇒顔料インクor染料インク おすすめ

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

レーザープリンターでキレイに写真を印刷する方法

ここからがこの記事の本題です。

先程はなぜ、インクジェットプリンターの方がレーザープリンターよりもキレイに写真を印刷できるのか解説しましたが、工夫すればレーザープリンターでもキレイに写真を印刷することは可能なのです。

その具体的な方法について解説していきます。

 

①光沢紙を使用する

いつも使っている普通紙や再生紙よりも、光沢紙を使うと写真をキレイに印刷できます。

光沢紙とは、紙の表面にコーティングがしてあり、文字通り光沢を持っている紙のことです。

 

レーザータイプではドラムカートリッジ(感光体ユニット)を通るので印刷物に光沢が入りますが、光沢紙を使って写真を印刷すると、さらに表面の光沢によって写真の写りが良くなります。

写真が大部分を占めるチラシやカタログなどに使われることが多く、どこでも簡単に手に入ります。

光沢紙には「厚紙」や「薄紙」の物や、「光沢紙」や「半光沢紙」といった種類があるので、用途に合わせて選びましょう。

 

購入するときの注意点として、必ず『レーザープリンター用』と記載のあるものを選んでください。

間違えてインクジェットプリンター用の光沢紙を使ってしまうと、印刷した写真や文字が用紙から剥がれてしまったり、機械の故障の原因になってしまいます。

⇒幅広い用紙に対応!コピー機で使える用紙の種類まとめ

 

②高画質の写真を使う

当然ですが、印刷したい写真や画像の画質が悪ければ、どんなプリンターでもキレイに印刷することはできません。

少しでもキレイに印刷したいのであれば、なるべく高画質のデータを用意してください。

高画質データを用意してもレーザータイプのコピー機でうまく再現できない事もあります。

 

コピー機メーカーによっても色の見え方は若干違いますが、特に富士フィルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)が再現性に優れているといわれております。

富士フィルムビジネスイノベーションでは特にデザイン系などの会社に人気です。

⇒業務用コピー機メーカーランキング

 

③プリンター側の設定を変更する

プリンターの種類によっては、写真を印刷するための設定が備わっています。

彩度やコントラストが調整できたり、色合いを調整することで青を強くしたりするといったことが可能です。

 

そのため、設定で色味の調整をすることで通常の設定よりもキレイに写真を印刷することができます。

基本的にはノーマル印刷で設定されておりますが、高画質印刷に変えたり、設定の組み合わせ次第で幅広く色味の調整がをすることが可能なので、好みに合った色味に変更してください。

 

 

まとめ

レーザータイプのコピー機キレイに写真を印刷する方法について解説しました。

インクジェットプリンターに比べて写真をキレイに印刷することは難しいですが、工夫次第でレーザープリンターでもキレイに写真を印刷することは可能です。

 

写真付きのパンフレットや年賀状を大量に印刷する場合はインクジェットプリンターよりもレーザープリンターの方が印刷スピードが早いため、効率的です。

インクジェットプリンターはインク代が高く、耐久性も低いため、大量印刷には向いていません。

また、最近のレーザープリンターは、昔の機械に比べて解像度などの性能も上がっています。

高画質印刷や色味の調整も可能な機種も多いため、調整次第で納得のいく仕上がりになります。

機能が多いため試行錯誤が必要かもしれませんが、好みの色味を探してみるといいと思います。

 

また、印刷の用紙種類を変更するだけでもかなり色味や見栄えが変わります。

基本的に普通紙や再生紙の利用かと思いますがキレイに色を出したい場合は用紙種類を変更して印刷してみるものいいと思います。

 

コピー機(複合機)は思っている以上より、様々な設定が可能です。

今お使いのコピー機では、どういう機能や設定ができるかなどいろいろ触ってみてください。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)