どっちが最適!?インクジェットプリンターとレーザープリンターの違いを解説

近年では、オフィスだけでなく各家庭でも普及率が高くなっている複合機やプリンター。 

年賀状や写真などを印刷しているという人も多いのではないでしょうか。 

複合機やプリンターにはいくつか種類がありますが、現在主流となっているプリンターは「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の2種類です。 

 

家庭やオフィスに設置するにはどちらのプリンターが良いのか迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

インクジェットプリンターとレーザープリンターは、それぞれ印刷方法などの特徴が異なります。

今回は、2種類のプリンターの違いについて詳しく解説します。
それぞれの特徴やメリットとデメリットについて、比較しながらご紹介させていただきます。

 

どちらを設置すべきか決めかねているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

インクジェットプリンター とは?

家庭用のプリンターとして利用する場合が多く、液体の顔料インク、もしくは染料インクで印刷します。

インクジェットプリンターとは、熱や圧力をかけて粒子状にしたインクを、直接用紙に吹きつけて印刷するプリンターです。

インクを吹き付けて文字や画像を表現する印刷方法で、インクの噴射は「プリントヘッド」という部品で行います。

インクを直接、用紙に吹きつけているため、
レーザープリンターよりも細やかな印刷が可能です。

解像度が高く、色味の再現性が高いので、写真の印刷などに向いています。

 

家庭用のインクジェットプリンターでも、写真印刷用の光沢のある専用用紙と組み合わせれば、品質の高いキレイな写真が印刷できます。

ただ、インクを直接用紙に吹き付けて印刷をするため、色を多く使う資料などは用紙が湿っぽくなってしまったり、染料インクだと濡れたら滲んでしまったりなどの特徴もあります。

インクの種類はCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の4種類が基本ですが、特色インクを追加した5色や6色の製品も発売されています。

基本的に、方色が増えるほど繊細な表現が可能になります。

一見すると大量のインクを消費するようにも見えますが、実際のインクは1滴の粒子がとても小さく、わずか1リットルの1兆分の1、程度しかありません。

 

⇒顔料インクor染料インク おすすめ

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

レーザープリンター とは?

インクジェットプリンターがインクを吹き付けて印刷する方法なのに対して、レーザープリンターとは、感光ドラムと呼ばれるローラーの表面にレーザーで照射し、トナーと呼ばれる粉を吹きつけ、熱や圧力で溶かして紙に定着させることで印刷するプリンターです。

熱や圧力によって定着させているため、インクジェットプリンターよりも印刷スピードがとても速いです。

大量かつスピーディーに印刷できるので、資料や書類などの文書をたくさん印刷することに向いています。

トナーは樹脂やプラスチックなどで構成されており、1粒ごとは肉眼で見分けられないほどの細かい粒子が集まってできています。

「レーザー」と呼ばれる理由は、トナーを紙に表現する際にローラーに印刷する文字や画像をレーザー光線で描くためです。

最近ではLEDなど、レーザー以外の方法で印刷する像を描く場合もありますが、それらも一般的にレーザープリンターと称されます。

 

 月額2980円でレーザープリンターをレンタルする!?

 

 

インクジェットプリンターのメリット・デメリット

◆インクジェットプリンター 

・メリット
①解像度が高い
②本体サイズが小さい
③消費電力が少ない
④本体価格が安い

・デメリット
①印刷スピードが遅い
②インクが詰まりやすい、にじみやすい
③インク交換や給紙の頻度が高い
④消耗品の値段が高い

一般的にインクジェットプリンターはレーザープリンターに比べて本体のサイズが小さく、設置にスペースを取らないので、家庭での使用に向いています。

プリンターの本体価格も安く、数万円程度で家電量販店やネットショップのAmazonや楽天などで気軽に購入ができます。

一般家庭や個人事務所など、それほど印刷量が多くないのであれば、インクジェットプリンターの利便性が高くなるケースもあるでしょう。

消費電力が少ないので、ランニングコストを下げられるのもメリットのひとつです。

プリンターは常時接続する場合が多いので、日々の積み重ねが大きな差につながる場合もあります。

また、レーザープリンターに比べて、細やかな印刷が可能です。
写真などの繊細な色合いを表現するのが得意です。
※写真屋さんなどの印刷はインクジェットになります。

ただし、水を苦手とするため、水分を含む環境に弱いというデメリットもあります。
冒頭にお伝えした通り、インクジェットプリンターは液体を紙に吹き付けている為、一般的な普通紙にベタ塗印刷をしてしまうと紙が湿っぽくなってしまいます。

また、大量に印刷する場合はインクが詰まりやすくなってしまい、印刷物が擦れてしまったり、色が上手くのらなかったりする事も多々あります。

インクジェットプリンターの消耗品であるインクカートリッジはレーザープリンターよりも高額になり、インクも少量しか入っていないため、インクの交換頻度が高くなってしまうデメリットもあります。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

 

レーザープリンターのメリット・デメリット


◆レーザープリンター 

・メリット
①印刷スピードが速い
②にじみづらい
③トナー交換頻度が少ない
④1枚あたりの印刷コストが安い

 

・デメリット
①解像度が低い
②本体サイズが大きい
③消費電力が多い
④本体価格が高い

レーザープリンターはインクジェットプリンターに比べると一枚あたりの印刷コストが安く、印刷スピードも速いので、印刷枚数が多く印刷頻度も高いビジネスシーンに向いています。
大量の資料を印刷する際は印刷スピードが速いので、インクジェットプリンターに比べて素早く準備を終えられるでしょう。

レーザープリンターはインクではなくトナーと呼ばれる粉を使用しているため、印刷用紙に色がにじみにくく、光沢が付くいという特徴もあります。
文書の印刷に向いているので、会議資料などの印刷をメインに利用する場合は印刷の精度が高くなります。

一方で、消費電力は多少、大きくなる傾向にあります。
最近では省エネモードが搭載されているレーザープリンターも数多く開発されているため、それほど気にならない機種も増えてきました。
しかし、小型のインクジェットプリンターと比較すると電力コストは高くなります。

また、インクジェットプリンターに比べてレーザープリンターの本体価格は高くなる事もデメリットのひとつです。

 

 

インクジェットプリンターとレーザープリンターはどちらを選ぶべき?

インクジェットプリンターとレーザープリンターそれぞれの特徴やメリット・デメリットについてご理解いただけましたでしょうか。

比較するとよくわかるように、対照的なメリット・デメリットがあるので、使用目的に応じたプリンター選びが重要です。

どちらのプリンターにも一長一短あり、必ずしもどちらか片方が良い、というものではありません。

とはいえ、一般的には企業などが業務用に使うのであれば、レーザープリンターを選ぶ場合が多いでしょう。

一方で、一般家庭で利用されるのはインクジェットプリンターが多いです。

価格面で比較するなら本体はレーザープリンターの方が高くなるものの、
レンタルなどを利用して月々の負担を下げられますし、大量に印刷する場合はランニングコストを抑えられるケースもあります。

ビジネス文書などははっきりした印字が好まれるため、インクジェットよりもレーザーの方が視認性の高い高品質な印刷が可能になります。

 

 

■プリンターを選ぶポイント

「写真をキレイに印刷したい・大量に印刷しない 」という方は、

インクジェットプリンターを選ぶことをオススメします。 

 

「ビジネス文章印刷が多い・大量に印刷したい 」という方は、

レーザープリンターを選ぶことをオススメします。 

 

プリンターを購入する際は、それぞれの特徴を理解したうえで、使用目的や頻度に合わせて選びましょう!

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

まとめ

ここまで、インクジェットプリンターとレーザープリンターの違いについて解説してきました。
インクを吹き付けて印刷するインクジェットプリンターと
トナーを圧着して印刷するレーザープリンターでは、性質が大きく異なります。

価格面ではレーザープリンターの方がコストを必要とするようにも思えますが、
ビジネス文章の印刷に向いており、企業の日常業務にはおすすめです。

 

 

補足

大型コピー機レンタル【ZEROコピ】サービスではレーザー複合機のレンタルサービスを行っております。

レーザープリンターとは違い、FAX、スキャンなど複合機能が搭載されております。

レーザープリンターはインクジェットプリンターに対して高額だとお伝えしておりましたが、【ZEROコピ】サービスのコピー機は小売価格が100万円以上する高額商品となります。

高額商品になるのでなかなか手が出しづらいですが、【ZEROコピ】サービスでは月額2,980円からのレンタルを実現いたしました。

業界初で契約期間の縛りを無くし、個人の方でも気軽にレンタルできるサービスにしました。

カウンター料金が込みのプランやトナーカートリッジを購入するプランなど、お客様の印刷枚数にあわせて適正なプランをご案内させていただいております。

コピー機の導入を検討している方は是非、お問合せください。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルお考えの方はこちら(1週間無料お試し)