IPアドレスってなに?コピー機(複合機)の設定でつまずかないために

こんにちは!

今回はコピー機(複合機)を設置して初期設定を行う際に必要になってくる、【IPアドレス】について詳しく解説致します。

初期設定を問題無く行えていたとしても、IPアドレスが原因で後々コピー機(複合機)がうまく作動しなくなる場合もあります。

少しでも理解を深めて柔軟に対応出来るようになっておくと便利ですよ~!

 

IPアドレスとは

IPアドレス(Internet Protocol address は、IPネットワーク上の情報機器を識別するための識別用番号のことです。

別名インターネットアドレスとも呼ばれており、その名の通りインターネット上の住所のようなものをイメージしていただければ問題ありません。

 

通常、インターネットにアクセスするためには、インターネット上のサーバーと自身で双方のデータのやり取りを行う必要があります。

こちらはデータを手紙に置き換えて、手紙のやり取りをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

お互いで手紙のやり取りをするときに、住所がわからないとどうしようもありませんね。

ネットワーク上でのデータのやり取りは常に行われているため、送受信にはIPアドレスが必要不可欠なのです。

 

 

IPアドレスはインターネット上の住所

インターネットにアクセスするために必要不可欠

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

コピー機(複合機)のIPアドレス設定方法

コピー機(複合機)をインターネットに接続する場合、初期設定する段階でIPアドレスを取得しなければなりません。

IPアドレスの取得方法は2種類あり、DHCPと手動設定に分かれます。

それぞれについて解説させていただきます。

 

IPアドレスのDHCPとは

DHCPは、DHCPサーバーのある環境だと自動でIPアドレスを設定してくれます。

インターネットに接続されているパソコンなどは必ずIPアドレスが振分けされております。

DHCPは他機器のIPアドレスの数字と被らないように自動で設定をしてくれます。

また、初期の段階ではDHCP設定になっていることが多いです。

 

IPアドレスの手動設定とは

IPアドレスを手動で設定する場合は、ネットワーク管理者やプロバイダに問い合わせてIPアドレス、ゲートウェイアドレス、サブネットマスクを確認します。

その3つの数字をコピー機本体に入力して設定します。

その後、パソコンからプリンタドライバーを開き、新規にポートを作成して同じように設定することで完了です。

 

 

DHCP設定にしていると仮に停電とした場合、IPアドレスが自動で切り替わってしまう事があります。

コピー機のIPアドレスが変更されると、パソコン側で再設定しないと印刷ができなくなります。

DHCP設定はインターネットに接続出来なくなってしまう可能性があるため、手動設定しておくと安心です。

⇒IPアドレスってなに?コピー機(複合機)の設定でつまずかないために

 

 

IPアドレスの設定方法はDHCPと手動の2種類

・DHCP設定はIPアドレスが自動で切り替わってしまう可能性がある

 

※DHCPってなに?

DHCPとは、Dynamic Host Configuration Protocol の略称で、パソコンやスマートフォン、コピー機(複合機)などにIPアドレスを自動で割り振って設定する機能のことです。

通常はルーターにこの機能がついていますが、大きな企業では専用のDHCPサーバーを使用しているところもあります。

コピー機の接続で気を付けること(有線接続・無線接続)

 

 

ネットワーク接続出来ない原因はIPアドレス?

コピー機(複合機)が突然ネットワークに接続出来なくなることがあります。

それはIPアドレスが原因となっている場合があります。

IPアドレスがDHCP設定で自動取得になっている場合、ルーターの再起動などでIPアドレスが変更されてしまいます。

そのため、コピー機(複合機)本体に設定されているIPアドレスが使えなくなってしまう場合があります。

 

IPアドレスが変更されてしまっていた場合は、パソコンでポート設定を開いてコピー機本体のIPアドレスを確認しましょう。

その後、パソコンでポート設定を開いて手動で設定しましょう。

 

 

・IPアドレスが切り替わるとコピー機(複合機)が接続出来なくなる可能性がある

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

ネットワーク接続出来なくなったら?

まずはコピー機(複合機)本体を操作してIPアドレスを確認してみましょう。

メーカーや機種によって操作方法は変わります。

 

富士フィルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)を例にすると、

認証ボタンを押す ⇒ 機械管理者UserIDを入力 ⇒ 仕様設定/登録⇒ネットワーク設定 ⇒ プロトコル設定 ⇒ TCP/IP-IPアドレス

上記方法で確認可能です。

確認出来たIPアドレスをメモしたら、次はパソコンを操作して、プリンタドライバーのポート設定を開きましょう。

 

Windows10を使用しているのなら、

コントロールパネル ⇒ デバイスとプリンター ⇒ 使用しているプリンターを右クリック ⇒ プリンターのプロパティ ⇒ ポート設定 ⇒ ポート構成 

上記の順番(方法)でポート設定を表示出来ます。

 

ポートの構成を選ぶとプリンター名またはIPアドレスの欄があるので、こちらがコピー機(複合機)本体で確認したIPアドレスと一致しているか確認しましょう。

もし違っていた場合は同じアドレスに書き換えることで設定完了です。

 

 

・コピー機(複合機)本体のIPアドレスを確認 ⇒ パソコンからプリンタドライバーのポート設定を表示 

・IPアドレスを一致させる。

 

 

まとめ

今回はコピー機のIPアドレス設定に関して解説させていただきましたが、いかがでしたか?

複雑な要素が絡み合うため、コピー機(複合機)の設定で敬遠してしまいがちなIPアドレス設定ですが、少しの知識があるだけでも問題が起きたときに慌てることなく対処が出来ます。

 

今回の記事が皆様のIPアドレスに対する理解を少しでも深めることが出来れば嬉しいです!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)