小型コピー機のおすすめメーカー3選~2021年版~

業務用コピー機・複合機をご利用中のみなさん!

また、これからコピー機の導入をお考えのみなさん!

 

突然ですが、ビジネス用小型コピー機をご存知でしょうか?

ビジネス用小型コピー機は家庭用プリンターとは異なり、しっかりと業務でも使えるように設計されたものです。

低価格・コンパクトサイズなのに、日々業務の印刷作業として十分な性能だと注目を集めています

 

今回はそんなビジネス用小型コピー機のおすすめメーカーを3つご紹介します!

それぞれのメーカーの特徴から代表的な機器までご紹介しますので、小型コピー機にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください♪

 

おすすめメーカーはこの3つ!

小型コピー機のおすすめメーカーとしては、以下の3つがあげられます。

 

エプソン(EPSON)

ブラザー(brother)

キヤノン(Canon)

 

コピー機について詳しい方の中にはお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これらの3メーカーは家庭用プリンターのトップシェアメーカーになります。

いずれも家庭用プリンター業界をリードしているメーカーとして、小型印刷機の製造が得意だというのも納得ですよね。

 

各メーカーとも優れたコピー機を製造していることは間違いありませんが、家庭用プリンターでもそうであるようにメーカーごとに特色が異なります。

それぞれのメーカーの特徴について以下で詳しく見ていきましょう!

⇒業務用コピー機メーカーランキング~2021年版~

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

エプソン(EPSON) -PX-M885F-

エプソンは1968年に世界初の小型軽量デジタルプリンター「EP-101」を発売して以来、家庭用小型プリンターから業務用大型複合機まで優れた印刷機を製造し続けているメーカーです。

エプソンの提供する小型複合機の特徴としては、3メーカーの中で最もインクジェット方式を上手く活用している点があげられます。

⇒コピー機のインクジェットとレーザープリンターは何が違う?

 

多くの業務用大型コピー機がそうであるように、一般的に業務用コピー機にはインクジェット方式ではなく、トナーを使用するレーザー方式が適していると言われています。

これはインクジェット方式の場合は印刷コストが高くなったり印刷速度が遅くなったりしてしまうからです。

エプソンは家庭用インクジェットプリンターの製造で培った技術力を応用してこの点を克服しています。

 

他のメーカーと比べても低コストを実現しており、代表的な機種の1つである「PX-M885F」を例にあげると、カラー約6.7円、モノクロ2.0円という価格を実現しています。

印刷速度も1分間に約24枚と申し分なく、またインクジェット方式ならではの立ち上がりの速さや消費電力の少なさといったレーザー方式には無い利点も備えています。

 

上記を踏まえると、エプソンはコストを抑えてビジネス用小型コピー機を導入したい方におすすめのメーカーと言えます。

エプソンの複合機・コピー機の特徴

 

 

ブラザー(brother) -MFC-8610CDW-

コストを抑えたい方におすすめのエプソンでしたが、印刷速度を重視したい方におすすめしたいメーカーがブラザーになります。

コストもコピー機選びで重要にはなりますが、性能としてみるとやはり印刷速度がコピー機の命とも言える重要なポイントと言えるでしょう。

 

ブラザーの小型複合機の代表機種の1つである「MFC-L8610CDW」を例にあげるとカラー・モノクロ両方で1分間に約31枚という高速印刷を実現しています。

印刷速度の他にはコスト面においてもカラー約10.2円、モノクロ約1.5円を実現しており、またトナーを使用したレーザー方式ならではの文字印刷の精確さといった利点も有しています。

 

インクジェット方式の小型コピー機も提供しており、
例えば代表機種の1つである「MFC-J6583CDW」であれば小型にもかかわらずA3まで対応しています。

高速印刷やA3対応など、性能面で非常に優秀なコピー機を提供しているメーカーがブラザーです。

 

上記を踏まえると、ブラザーは小型コピー機でも性能を重視したい方におすすめのメーカーと言えます!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

キヤノン(Canon) -TR8630-

最後にキヤノンの小型コピー機についてご紹介します。

コストを重視される方にはエプソン、性能を重視される方にはブラザーとご紹介してきましたが、コストも性能もバランスよく両方欲しいという方におすすめなのがキヤノンになります。

 

提供している機種の豊富さも特徴の1つとしてあげられ、「TR8630」などのライトなインクジェットモデルから「MF269dw」などのハイスペックモノクロレーザーモデルまで様々な選択肢があります。

ご自身の環境に合わせた最適な小型コピー機を選ぶことができるでしょう。

 

TR8630もビジネスモデルではありますが、とくに小規模事業者や個人での利用を想定しております。

スマホとの連携やLINE、Messengerからのプリントなど手軽にコピー機を利用できる機能を多数搭載しています。

⇒スマホ・タブレットと連携して簡単プリントアウト!エアープリント(AirPrint)とは?

 

これに対してMF269dwは業務用として十分に貢献し得る性能を有しております。

印刷スピードも1分間に約28枚と高速印刷を実現しているほか、コストもモノクロ約3.5円と低めに抑えられています。

また、こちらのモデルにもモバイル連携機能が搭載されているほか、パソコンとのスキャンでの連携やクラウド連携などビジネスに必要な機能が多数搭載されている点も優れた特徴です。

 

これまでにあげてきた2メーカーのモデルと比べると突出した点は無いように感じられるかもしれませんが、やはり豊富な機種の中から最適なコピー機をバランスよく選択できることがキヤノンの強みと言えるでしょう。

同価格帯のモデルであれば、他メーカーと比べても勝るとも劣らない優れたコピー機を提供しています。

上記を踏まえると、キヤノンはバランスの取れた最適のコピー機を導入したい方におすすめのメーカーと言えます!

コピー機業界トップシェア!!キャノン複合機の商品紹介

 

 

まとめ

小型コピー機のおすすめメーカー3選をご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?

おすすめの3メーカーと各メーカーの特徴をまとめさせていただきます。

 

〇コストを重視したい方は...エプソン

〇性能を重視したい方は...ブラザー

〇バランスを重視したい方は...キヤノン

 

とくに小規模オフィスやテレワーク中の方におすすめしたい小型コピー機です。

小型コピー機は印刷コストが高いなど言われておりましたが、メーカーの努力もあり印刷コストは下がってきております。

もちろん、性能も上がってきており、無線対応やスマホ印刷など便利な機能も備わってきております。

 

しかし、業務用大型コピー機と比べると、耐久性や性能面は劣ります。

印刷枚数が比較的少ない方などは小型コピー機を検討してみるといいでしょう。

⇒オフィスを圧迫しないコピー機・複合機のサイズとその基準とは?

 

 

補足

大型コピー機レンタル「ZEROコピ」サービスは基本的には業務用のコピー機を案内させていただいております。

皆様のご要望もあり、小型コピー機のレンタルサービスを開始しました。

小型コピー機レンタル(全国対応)印刷放題サービス

 

今回ご紹介したメーカー・機種を含めて、契約期間の縛りなく格安で小型コピー機をご利用いただけるサービスになります。

ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)