コピー機はリース契約する必要があるのか?ZEROコピはこんな方におすすめしたい!

2019年に始まったコロナ禍により、日本と世界を取り巻く環境は大きく変化しました。

とりわけ、ビジネスシーンにおいてはオンライン化やリモートワークなどが進み、企業と労働者の関係も新しいステージに移行したと言われています。

 

それと並行するように、政府は2019年に「働き方改革」を掲げ、関連法案を施行させました。

突然、残業がカットされて困ったと言う方や、逆にサービス残業が減って喜んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにしても、私たちはそれぞれ自由に、働き方を選ぶべき時代になったと考えられます。

昨今では自分の腕一本で稼ぐフリーランスや、会社員として働きながら別の方法で収入を得る副業などが持てはやされるようになりました。

 

この記事を読んでいる方の中にも、フリーランスとして独立開業を目指している方や、すでに個人事業主として歩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

あるいは、まず副業から始め、これからビジネスを大きく育てていこうと考えている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、今回のテーマ「ZEROコピ」サービスです。

ZEROコピとは何なのか?どんなサービスで、どんな業種に最適なのか?

その辺りの事を詳しく、徹底的に解説させていただきたいと思います。

 

これから起業される方はもちろん、それ以外のビジネスパーソンの方にも有益なお話となりますので、ぜひ最後まで読み進めたうえでご参考になさってください。

 

【ZEROコピ】サービスとは

大型コピー機(複合機)のレンタルサービスとして、2018年にスタート。

月額定額制で、しかも最安水準の低価格を実現し、業界に新風を吹き込みました。

実は、グローバル化が進む現代においてもなお、コピー機(複合機)業界は旧態依然とした古い慣習が残っており、メーカーが非常に強い影響力を維持しています。

そのため、販売代理店などはメーカーの意向に逆らえず、暗黙の了解のなかで顧客に相対している状態なのです。

 

複雑な料金体系や、分かりづらい本体機器の価格相場などはその最たる例で、ネットでちょっと検索した程度では情報としてなかなか上がってきません。

なぜなら、より高く売るためにメーカーも販売代理店もあえてそうしてきているからです。

一説によると、販売代理店が詳細な価格などを表示してもメーカーからやんわりと削除要請が入るのだとか。

仕入れ値優遇や今後のお付き合いもあるため、その意向を無視するのは不可能だという話です。

そんな状況を打破すべく登場したのが「ZEROコピ」なのです。

分かりづらい料金体系をスッキリまとめて定額制とし、さらに低価格を実現するためのあらゆる工夫を凝らしました。

簡単に言うと、今流行りの「サブスクリプション」の考え方を複合機レンタルのサービスにも適用したのがZEROコピなのです。

※サブスクリプションとは、定額料金を支払うことで利用できるコンテンツやサービスのことです。言わば「所有」から「利用」へと変換したビジネスモデル。日本ではサブスクとも略され、動画や音楽の配信サービスやゲームのプレイし放題などが有名。

 

次項では、このZEROコピの特徴やメリットなどを詳しく解説します。

⇒コピー機の月額料金に騙されるな!カウンター料金の真実

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

【ZEROコピ】サービスの特徴

ZEROコピはコピー機(複合機)のレンタルサービスです。

一般的に多くの事業所では、レンタルよりもリース契約をする場合がほとんど。

8割以上の企業がリース契約をしてコピー機(複合機)を導入していると言われております。

ZEROコピの特徴は、複合機をリース契約した際と比較すると分かりやすくなり、それがそのままメリットと言えます。

※ZEROコピでは2020年より

「ZEROコピエリアフリー」として、リースも扱っています。

 

リース契約は新機種が使える代わりに5年~7年と長期の契約期間の縛りがあり、中途解約した場合は高額な違約金が発生します。

また、保守契約やカウンター契約を別途結ぶ必要があり、料金体系が分かりづらくなってしまいます。

また、大型複合機はそれ自体が高額なので、リース契約をする際には金融機関などの審査をパスする必要もあり、連帯保証人を付ける必要があります。

大掛かりな契約になるため、複合機を設置するまでの期間が掛かってしまいます。

 

逆にレンタル契約であれば、審査も不要で設置までの期間も短縮できますし、契約期間も短いので気軽に利用ができ、自由度が高いと言えます。

その点、ZEROコピは契約期間の縛りをいち早く撤廃(業界初)しています。

また、法人だけではなく、個人の方でも手軽に大型複合機を利用できるように設計しております。

⇒大型コピー機のレンタル契約は短期でOK ?

 

 

特徴1 低価格の月額制

ZEROコピは月額定額制のサービスです。

どのプランも保守・メンテナンス費用が含まれており、万が一故障してしまった場合でもすべて無償で対応していただけます。

スタートアップ企業向けの最安プランはなんと月額2,980円!!

ZEROコピでは用途に合わせた以下のプランがあります。

 


■「ZEROコピ」スタートアッププラン

月額2,980円 新設法人向け。

コピー機の契約とは別で、インターネット回線やオフィス周辺機器の手配が必要。

トナーカートリッジを必要に応じて購入。

 

■「ZEROコピ」ネオプラン

月額4,980円 印刷枚数が少ないか、印刷枚数バラつきがある企業向け。

トナーカートリッジを必要に応じて購入。

※トナー8,000円/本 モノクロ印刷12,000枚相当、カラー印刷9,000枚相当

 

■「ZEROコピ」スタンダードプラン

月額9,800円 一般的なプラン。

月間印刷枚数モノクロ2500枚、カラー500枚が月額定額料金内で印刷可能。

月間印刷枚数を超えると1枚ごとに課金されるシステム。

※モノクロ1.5円/枚 カラー15円/枚

 

■「ZEROコピ」カスタムプラン

印刷枚数が多い企業向け。

どのプランにも当てはまらない場合にサービスをカスタマイズしてお専用のプランを提案。


 

ZEROコピでは4つのプランを提供しております。

どのプランも安いと感じてもらえると思いますが、スタートアッププランでは月額2,980円になり圧倒的な安さを実現しております。

スタートアッププランを適用するためにはインターネット回線も申込む必要があるため、新設法人向けのプランとなります。

 

一番人気はネオプランとなり、約7割以上の方がネオプランで利用しております。

トナーカートリッジを必要に応じて購入するプランになりますが、スタンダードプランに比べて月額料金が半額になります。

トナー1本あたり8,000円になり4本でモノクロ印刷12,000枚、カラー印刷9,000枚相当の印字が可能な大容量のトナーカートリッジになります。

リース契約で主流のカウンター料金で考えるとモノクロ0.7円/枚、カラー3.5円/枚相当で印刷ができます。

トナー1本あたり8,000円は高いように思われがちですが、カウンター料金で考えると驚異の安さだと言えます。

 

 

特徴2 全てコミコミ料金

ZEROコピのプランは分かりやすく、シンプルです。

全てコミコミ料金となっています。

リース契約であれば、機種のリース料金に保守サービス料、カウンター料金などが別途かかるため、分かりづらくなってしまいます。

ZEROコピの月額料金には、以下のサービスも全て追加料金無しで含まれます。

 

  • 保守・メンテナンス費用
  • 消耗品費用(トナーやインク代など)
  • 印刷・カウンター料金

※一部プラン条件によります。

 

レンタルサービスであっても、他社でここまで大胆に月額料金に組み込まれたサービスは、おそらく無いと思われます。

他のレンタルサービスでは見積書を取得した段階や、契約書に追加料金の記載があったりもします。

ここまで明解にサービス内容を提示しているところはZEROコピだけと言っても過言ではありません。

ZEROコピそれだけユーザーファーストで作られたサービスといえます。

⇒業務用コピー機の保守料金とは何ですか?

 

 

特徴3 審査と契約期間の縛りなし

ZEROコピはレンタルサービスですので、面倒な審査はありません。

そのため、早ければ即日から設置可能となります。

法人契約だけではなく、個人の方も利用可能となります。

在宅勤務で自宅にコピー機を設置したい方や、子供の受験に備えてコピー機を設置する事も可能です。

 

また、業界ではいち早く契約期間の縛りを撤廃。

契約期間の縛りがないので違約金も掛かりません。

コピー機機(複合機)の運用においてはかなり自由度が高くなり、短期利用に最適なうえ突然の予定変更にも対応しやすいでしょう。

⇒コピー機のリース審査基準とは?

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

ZEROコピが安い理由

ここまでお読みになり、多くの方は「ZEROコピはどうしてそんなに安くできるの?」と、疑問に思われるかもしれません。

それには、キチンとした理由があります。

 

安さの理由1 営業コストカット

ZEROコピは、主にオンラインで営業展開しており、派手な宣伝も行っていません。

そのため、広告やアピールに掛かる費用を抑えることが可能なのです。

 

安さの理由2 少数精鋭

1の理由とも重なりますが、できる限り少ない人員に絞ることで人件費を削減しています。

そのため、風通しの良い社内環境を整備したり、徹底したコストカットを進めたりするなど経営努力を断行。

その分、浮いた経費を顧客に還元しています。

 

安さの理由3 地域密着型

東京・大阪・神奈川など、地域を限定したり絞ったりすることで経費削減に繋げています。

経営バランスを取りながらサービスエリアは順次拡大中ですので、それ以外の地域の方でも問い合わせてみると良いでしょう。

⇒なぜ高い?コピー機業界の現状とZEROコピサービスに懸ける想い

 

 

ZEROコピの注意点

ZEROコピには良い点も多いのですが、注意すべき点もいくつかありますのでお伝えしたいと思います。

まず、レンタルサービスは基本的に中古複合機を扱っています。

そのため、新機種や新品の機器をレンタルすることは出来ません。

最新の機能や、特定メーカーや機種などのこだわりがある方や事業所には向いていないと言えるでしょう。

また、これはシンプルなプランの弊害かもしれませんが、モノクロ印刷のみを使用したい業種の方は少し不利になる可能性があります。

と言いますのも、複合機レンタルをしている業者にはモノクロ印刷に特化したプランを提供している会社があり、長期的にはそちらのサービスが割安になるかもしれません。

同じような理由で、リース契約でもモノクロに特化して色んな条件をクリアすれば長期的にそちらがお得になる事もあるでしょう。

 

新機種を使えないことと、モノクロ印刷のみ行いたい場合だと、長い目で見れば不利になるケースがあること。この2点は知っておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、中古機器であってもZEROコピで扱う複合機は、一般的な業務における使用では何ら問題にならないレベルです。

むしろ、最新の機能が使えないだけで基本的な性能面では新機種とほぼ変わりありません。

コストパフォーマンスは非常に優れていると言えます。

また、モノクロ印刷についてですが、これまで料金が高いからという理由でカラー印刷を控えていた方にとっては、これは逆にプラス要素にもなり得ます。

カウンター料金を気にせずカラー印刷を使えますので、より見やすい資料を製作することが可能になるのではないでしょうか。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

ZEROコピはこんな業種の方におすすめ

ここまでお伝えした特徴とメリットから、ZEROコピのサービスは以下のような業種の方におすすめのサービスと言えます。

 

  • これから起業される方
  • 家庭用プリンターからグレードアップを考えている方
  • リース契約が満了になる方
  • フリーランスおよび個人事業主の方
  • 短期での出店やプロジェクト
  • コストを抑えたい方

 

ZEROコピは契約期間に縛りが無いうえ自由度が高い運用が可能なため、これから独立開業される方やフリーランス、短期限定の業務やイベント会場などに向いています。

なぜなら、高額な初期費用や、中途解約に対する違約金などのリスクを避けられるからです。

事業の急な方針転換や、社会情勢の変化に対応するにも好都合でしょう。

また、低価格の月額制なのでコストを抑えたい方にも最適と言えます。

料金体系が分かりやすくスッキリしているため、コピー機(複合機)にあまり詳しくない方にもおすすめです。

選択肢がシンプルなので、あれこれと調べたり迷ったりすることも無いでしょう。

 

他にも、ZEROコピは全てコミコミ料金のため、カラー印刷でもカウンターを気にせず使えます。

今まで、カラーにしたいけど我慢してモノクロ印刷をしていた方などに特におすすめしたいサービスと言えるでしょう。

 

 

必ず付いてくる機能について

ZEROコピは、大型コピー機のレンタルサービスのため基本的に新機種は扱っていません。

とはいえ、高機能の大型複合機を取り扱っているので、非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

各コピー機メーカーが毎年のように新機種を発表していますが、正直なところ性能面はここ数年の傾向として、それほど向上していません。

機能やオプションは進化していても、基本性能は劇的に変わらず、普段使いでは気にならないレベルだと思います。

そのため出版やデザイン系の業務など、印刷の細かい部分にこだわりが無ければ、何も問題はありません。

 

ZEROコピのレンタルサービスで使える大型複合機には、以下の機能がもれなく搭載されています。

 

  • コピー機能
  • プリントアウト
  • FAX
  • インターネットFAX
  • スキャナ
  • PCスキャナ
  • ダイレクトプリント
  • 自動両面印刷
  • 多段給紙
  • ADF(自動原稿送り装置)
  • A3印刷
  • A4印刷
  • ネットワーク
  • カラー液晶
  • はがき印刷

 

基本のコピー機能やプリント機能はもちろん、ファクスやスキャンも使えます。

最近の大型複合機にはほぼ搭載されているカラー液晶画面は、とても見やすく操作も簡単。機械が苦手な方でもすぐに扱うことが可能です。

また、社内ネットワークやインターネットにも対応しています。

ZEROコピの大型複合機は、これら機能が始めから搭載されていますので、わざわざ料金や手間を掛けて追加する必要はありません。

ちなみにMac印刷やスマホ・タブレット印刷はオプション追加で利用が可能となります。

月額料金は変わらず初回の費用を追加20,000円支払えば利用ができるようになります。

月額料金が変わらないのは助かりますね。

 

折り込みやホッチキスなど外付けでオプション追加しないと利用できない機能は追加する事ができないです。

折り込み、ホッチキス機能を利用したい場合は基本的に新品のリース契約の案内となります。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はZEROコピをおすすめしたい方や、最適な業種について徹底解説させていただきました。

そもそもZEROコピとは何か、ご存じ無い方のためにその特徴やメリットについてもお伝えしました。

多くのビジネスシーンで不可欠な複合機(コピー機)ですが、一般的にリース契約を結ぶのがほとんどです。

ところが、リース契約だと中途解約などで違約金が発生したり、複雑な料金体系のためトータル費用が分かりづらかったりするなどのリスクがあります。

 

もちろん、複合機自体が高額な精密機器だからなのですが、業界全体の古い体質による影響も否めません。

ZEROコピは、そんな旧態依然とした業界に新しい風を吹き込むべくスタートしました。

月額定額制のサブスクリプション形式を採用し、低価格で高機能の大型複合機レンタルを実現。

事前審査が不要なうえ契約期間の縛りが無く、シンプルで分かりやすい料金体系が特徴で、自由で柔軟な運用が可能なサービスです。

そのため、これから起業される方やフリーランス、少人数の事業所やコストを抑えた運用がしたい方に最適と言えます。

また、カウンター料金を排除しているのでカラー印刷する際に悩むことも無くなります。

新しい時代に向けた新しい風、そして新しいサービス。それがZEROコピの複合機(コピー機)レンタルサービスになります。

 

そもそも新品の最新機種を5年~7年契約で利用する必要がありますでしょうか?

業界の風潮に流されていませんか?

〇〇メーカーのコピー機じゃなきゃ嫌!!新品の最新機種じゃなきゃ嫌!!という方であれば一般的なリース契約をおすすめします。

 

独立開業や副業としてビジネスをスタートされる方や、すでに事業を起ち上げておられる方も、ぜひZEROコピに注目されてみてはいかがでしょうか。

それでは最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)