大型コピー機のレンタル契約は短期でOK

コピー機(複合機)はオフィスの必需品で高額な買い物のため、リース契約という57年の長期契約が一般的になります。

リース契約は基本的に解約はできない契約ですが、仮に途中で解約した場合はリース料金の残債と契約によっては解約金(リース料金2ヶ月分)が発生してしまいます。

リース残債※
リース契約(5年):10ヶ月目で解約した場合は残り50ヶ月分のリース料金の支払い

 

長期間でコピー機(複合機)を利用する予定であればリース契約は良いと思いますが、連帯保証人を付ける事が必須であるため、リスクも生じてしまいます。

また、やむを得ない利用で解約するとなると冒頭にお伝えしたリース残債や解約金が掛かり、高額な請求となってしまいます。

 

コピー機(複合機)を利用している7割以上の企業はリースで契約で利用していますが、そもそも長期のリース契約以外に手軽にコピー機を借りられる方法はあるのでしょうか?

今回は大型コピー機を短期間で借りられる方法についてご紹介させていただきます。

⇒コピー機にリース契約が多い理由とは

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

リース契約以外の導入方法はあるの?

冒頭でお伝えした通り、コピー機(複合機)を利用している7割以上の企業は長期間のリース契約をしております。

リース契約の他にも大型コピー機を利用できる方法はもちろんあります。

ここでは別の導入方法を紹介させていただきます。

 

一括買取り

まず一つ目が大型コピー機の買取りです。

コピー機は高額な商品になるので買取りをして導入する方はなかなかいないです。

また、購入金額によって経費計上が変わるので注意が必要です。

購入金額が10万円以上する場合有形固定資産勘定となり購入時に一括で経費計上ができません。

会社の資産として減価償却をしながら5年かけて計上する流れとなります。

ほとんどのコピー機は10万円以上の金額がするので一括で購入を考える方は少ないです。

⇒コピー機のリース契約と買取りはどっちが良い?

 

 

レンタル契約

大型コピー機の導入でレンタル契約があるのはご存知でしょうか?

レンタル契約は珍しいサービスとなり、一部のエリアでしか展開されていないサービスになります。

それは保守・メンテナンスがコピー機のメーカーではなく、地域の事務機屋さんが修理をするからです。

なのでその事務機屋さんがメンテナンスできる範囲でしかサービスは展開されません。

 

 


 

次に「リース契約」と「レンタル契約」の違いについて深堀してみましょう。

 

 

「リース契約」の特徴

まずは「リース契約」の特徴から確認してみましょう。

 

①コピー機の所有権

「リース契約」はリース会社からコピー機(複合機)を借りる契約となるので所有権はリース会社にあります。

なので、リース期間が満了した場合はコピー機をリース会社に返却する必要があります。

 

②契約対象

「リース契約」の対象は法人のみになり、契約するためには審査が必要になります。

個人の方は基本的に「リース契約」でコピー機(複合機)を導入する事はできません。

 

③利用期間

「リース契約」の利用期間はリース会社に寄りますが5~7年になります。

5年契約にするのか6年契約、7年契約にするのかは自由に選べます。

この際、契約期間によってリース料率が変動されます。

⇒コピー機をリース契約した場合の料率とは?

 

④中途解約

「リース契約」は原則、途中解約はできません。

冒頭で説明した通り、解約をする場合はリース料金の残債と契約によっては解約金(リース料金2ヶ月分)が発生します。

 

⑤経費計上

「リース契約」は金額上限関係なく経費計上ができます。

コピー機(複合機)をリース会社から借りる事になるので〈支払利息〉として計上が可能です。

また、「リース契約」の場合は一般的に「カウント保守契約」をコピー機メーカーと締結します。

そのカウンター料金などは〈消耗品費〉として計上が可能です。

⇒業務用コピー機の保守料金とは何ですか?

 

⑥コピー機の種類

「リース契約」は好きなメーカーや型番を自由に選ぶ事ができます。

基本的には各メーカーの最新機種から選択する流れとなります。

機種も新品になるのでコピー機の状態も問題ありません。

 

 

「レンタル契約」の特徴

続いて「レンタル契約」の特徴をご紹介します。

 

①コピー機の所有権

「レンタル契約」の場合の所有権は契約したレンタル会社になります。

こちらもコピー機(複合機)を解約したら、レンタル会社に返却する必要があります。

 

②契約対象

「レンタル契約」は法人はもちろん、個人の方でも契約は可能です。

レンタル会社にもよりますが、ほとんどのレンタル会社では個人契約も可能としています。

契約に対しての審査は必要ありませんが、個人契約だと実態がないので必要に応じて身分証などの提出を求められる場合があります。

 

③利用期間

利用期間はレンタル会社によって様々ですが、ほとんどの会社では1~2年契約になります。

リース契約と比べると契約期間が短いので気軽に利用する事が可能です。

 

④中途解約

「レンタル契約」の場合は途中契約は可能です。

契約内容にもよりますが、残月分のレンタル料金を払うか、解約金などの請求が必要になります。

 

⑤経費計上

「レンタル契約」も「リース契約」同様に金額の上限関係なしに経費計上が可能です。

「レンタル契約」もレンタル会社からコピー機(複合機)を借りる事になりますが、レンタル契約では〈賃借料〉で計上する事ができます。

また、レンタル契約の内容にもよりますが、消耗品など印刷するためにコストが発生した場合は〈消耗品費〉として計上します。

 

⑥コピー機の種類

「レンタル契約」の場合はコピー機(複合機)は自由に選ぶ事ができせん。

「レンタル契約」はコピー機メーカーではなく、レンタル会社のサービスになるので、レンタル会社が保有しているコピー機のみのサービスとなります。

また、コピー機は「リース契約」の新品とは違い中古品となります。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

大型コピー機を短期利用するには?

「リース契約」と「レンタル契約」に関して違いを理解していただけましたでしょうか?

「レンタル契約」は業務用コピー機を短期で利用はできますがデメリットもあります。

それぞれの契約には特徴があるのでしっかり把握したうえで、自分にとって適正なコピー機を契約していくのがポイントです。

 

一般的にコピー機(複合機)を導入している企業の7割以上が「リース契約」で導入しているとお伝えしましたが、「リース契約」をしている方は契約内容を理解しないまま契約はしていないでしょうか?

「業務用コピー機はリース契約で導入するもの!!」と当たり前になっていないでしょうか?

リース契約は画期的なサービスになりますが、他にも選択肢は沢山あります。

 

「レンタル契約」で導入している企業が少ないのはこれは今までにレンタルサービスを行っている会社が少なかったからです。

それはコピー機(複合機)をレンタル契約させるよりリース契約させる方が儲かるからです。

「リース契約」の場合、保守・メンテナンスもメーカーになるので販売側は売り切りでいいので手離れもいいです。

営業側目線でお伝えすると「レンタル契約」は儲からないし、手間もかかるから参入する業者が少ないです。

⇒コピー機にリース契約が多い理由とは

 

続いて、弊社が展開している「ZEROコピ」サービスについてご紹介させていただきます。

 

 

大型コピー機「ZEROコピ」サービスとは

 

大型コピー機レンタル「ZEROコピサービスは長期のリース契約とは違い、審査不要レンタル契約のサービスとなります。(個人事業主様でも利用可能)

大型コピー機で業界初の契約期間の縛りを無くし、ユーザー様にとっては始めやすいサービスを作りました。

 

業務用コピー機は様々なビジネスシーンで利用され、イベント設営の期間中や、新規プロジェクト立ち上げ時、建設現場の工期の間など幅広いシーンで「ZEROコピ」をご活用いただけます。

ほとんどのレンタル業者は印刷コストを高く設定しておりますが、「ZEROコピ」では業界最安値の月額2,980からサービスを開始する事ができます。

「ZEROコピ本体代、保守メンテナンス代、トナー代など無料で利用ができます!!

 

お客様の用途にあわせたプランをいくつか用意してありますので、専任のスタッフが提案させていただきます。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

短期の業務用コピー機レンタルで何でそんなに安いのか?

大型コピー機レンタル「ZEROコピ」サービスにお問合せいただく中で、〈なんでこんなに安いの?〉と多くの方からご質問をうけます。

「ZEROコピ」の安さの秘訣は3つあります!!

 

①少数精鋭部隊

今までのコピー機業界では契約に至るまで多くの人員が関わっており、本体価格やサービス価格が高くなってしまっているのが現状です。

「ZEROコピ」サービスではコピー機業界に携わってきた精鋭部隊で編制しております。

少数制でサービス展開をしており、人件費を極力抑え、安価な料金設定でサービスを可能としてます。

 

②地域限定プラン

大型コピー機レンタル「ZEROコピ」サービスでは現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一都三県にサービス展開を絞り込んでいます。

コピー機は精密機械であれ、トラブルは付き物です。

サービス料金が安いからいいサービスとは言えないので、まずは一都三県に絞り込んで保守、メンテナンスを迅速に行っております。

保守専用のフリーダイヤルを設け、電話で解決できない場合は当日対応、遅くても翌日の午前中には訪問対応させていただいております。

訪問費用やメンテナンス費用、部品交換費用もすべて無料で行っておりますので、トラブルが起きてしまった場合はすぐにご連絡ください。

 

③営業コストカット

①の少数精鋭部隊でお話しした内容と重複してしまいますが、コピー機は人件費が掛かりすぎております。

リース契約の場合だと、初回訪問してヒアリング ⇒ 次の訪問で見積提出 ⇒ 次の訪問でリース契約書の締結 ⇒ 設置立ち合い….

あくまで一例ですが、ひとつの契約に至るまで多くの工数が必要です。

大型コピー機レンタル「ZEROコピ」サービスでは基本的にオンラインで対応させていただいております。

リース契約とは違い審査が必要ないレンタル契約になるので、契約締結もメールで簡単に取り交わす事ができます。


 

上記の3つの理由で「ZEROコピ」サービスはどこよりも安いサービスを実現しました。

あとは正直に伝えると弊社の利益はほとんどないです。。。

まわりのコピー機業者からも「安くしすぎだ!!」と言われたりもします。

お客様も増えすぎても対応が疎かになってしまうので、少人数で広告費用もあまり掛けていないのでゆっくりサービス展開しています。

 

 

業務用コピー機の レンタルはこんな方におすすめ  

個人で事業をスタートする方、会社を立ち上げたばかりでリースが組めない方や、高額なカウンター料金で毎月の印刷コストが高い方、すぐにコピー機を導入したい方など向けにプランニングいたしました。

「ZEROコピ」サービスでは様々なプランを展開しておりますので、ユーザー様に一番見合ったプランをご提案させていただきます。

また、現状展開しているプランに見合わない場合は完全オリジナルでプランをご提案いたしますので、気軽にお問合せください。

「新しくビジネスを開始される方を応援したい!」をモットーにコピー機業界の常識を覆す挑戦をしていきます。

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)