VPNとは?複合機のセキュリティ対策について

最近のコピー機(複合機)はインターネットに接続できるものが多く、上手に活用することで印刷したデータをそのままクラウド上にアップロードすることができます。

このときデータの送受信はインターネットを通して行われますが、このインターネットは誰でも利用できる回線なので便利だとはいえ、正しいセキュリティ対策をしていないと情報が漏えいしてしまうかもしれません。

VPNはインターネットを介したデータの送受信をより安全なものにするシステムです。

今回はコピー機(複合機)にも関わってくるこのVPNについてご紹介致します。

 

VPNとは

VPNとは、「Virtual Private Network」の略で、日本語に直すと仮想専用線と言います。

インターネット間でのやり取りを、より安全に行うためのシステムになります。

一般のインターネットは誰でも利用することができるため、そこでのやりとりはセキュリティが高いとは言えません。

VPNを利用すると、一般のインターネットを利用して仮想のプライベートな線を構築することにより、データのやりとりをより安全に行うことができます。

基本的には企業の支社間でのやりとりや、リモートワークによる会社と個人宅とのやりとりなど、地理的に離れた位置とのデータの送受信を行うときに利用されているシステムです。

 

最近ではテレワークが増え、注目されておりますが、セキュリティ意識の高い会社は以前より導入されていました。

VPNの設定を間違えしまうと、インターネット接続が停止したり、一時的にコピー機(複合機)が使用できなくなってしまうトラブルなどもありますので注意する必要があります。

⇒コピー機のセキュリティリスクと代表的な対策方法を紹介!!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

VPNの種類

VPNといっても接続する種類はいくつか存在します。

今回は4つの接続方法を解説させていただきます。

それぞれのVPN接続によって導入コストや特徴なども違うので予め把握しておきましょう。

 

インターネットVPN

まずは一般的インターネットVPNです。

インターネットVPNは、その名の通りインターネット回線を利用して接続するVPNです。

誰でも利用できるインターネットを利用しているため導入のコストは低いですが、接続した時の通信速度はインターネットの回線速度によって大きく変わります。

 

IP-VPN

IP-VPNとは、プロバイダーが用意した閉域網を利用して接続するVPNです。

閉域網はある程度限られた人しか利用できないインターネットなので、これを利用したIP-VPNはインターネットVPNより更に高いセキュリティ効果が得られます。

ただ、閉域網の利用自体に費用がかかるため、コストは高くなります。

 

エントリーVPN

エントリーVPNは、ブロードバンド回線を利用したVPNです。

通常のインターネットVPNよりさらに安価に導入することができますが、ネットワーク速度は比較的遅くなってしまいます。

 

広域イーサネット

広域イーサネットは、プロバイダーの用意した専用回線や閉域網を利用したVPNです。

安全性や柔軟性が強いことが特徴で、ネットワークのセキュリティ意識が高い企業に導入されています。

しかしIP-VPNと同程度の費用がかかるため、コストは高くなってしまいます。

 

 

複合機とVPNの関係とは

コピー機(複合機)にはデータの送受信機能が搭載されており、複合機のみでクラウド上とやりとりすることもできるようになっています。

このやりとりには、もちろんパソコンと同じようにインターネットを利用するので、ハッキングによる情報漏えいのリスクがないとは言えません。

最近ではリモートで外部から遠隔で操作できる複合機も出てきていますが、これらの操作を行うときにはVPNを利用したほうがよりセキュリティを高めることができます。

⇒コピー機でスマホやタブレットで印刷できる?

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

VPN接続による複合機のトラブル

VPNはセキュリティ対策として便利なシステムですが、ときにはこのシステムを導入していることによってトラブルが発生することもあります。

今まで問題なくインターネットに接続できていたコピー機(複合機)が、VPNを導入することによって接続できなくなる、なんてことも。

インターネットに接続できない原因として最初に考えられるのはLANケーブルの接続不良です。

コピー機(複合機)がインターネットに接続できなくなったら、まずはLANケーブルがしっかりと接続されているか確認してみましょう。

それでも接続ができない場合、IPアドレスやDNSサーバーの設定が間違っている可能性があります。

 

コピー機(複合機)と接続しているパソコンのIPアドレスやDNSサーバーが手動取得になっていると、VPNサーバーから自動で割り当てられたアドレスと食い違ってしまった場合に、インターネット接続ができません。

そういった場合は一度パソコンの設定を見直し、DNSサーバーのアドレスとIPアドレスが自動設定になっているか確認してみましょう。

パソコンのOSがWindowsならば、コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」から確認、変更することができます。

パソコンがMacの場合は「システム環境設定」⇒「ネットワーク」⇒「VPN」から接続確認をしてみましょう。

 

 

まとめ

如何でしたか?

今回はVPNに関して解説させていただきました。

今の時代はリモートワーク、複合機の遠隔操作など、社外から仕事をすることも珍しくありません。

しかし、社外からの仕事は社内と違って、セキュリティ面で大きなリスクを抱えています。

コピー機(複合機)で印刷したデータがすべて外に漏れていた、なんてことにならないよう、VPNを始めとしたセキュリティシステムへの理解を深めておくことが重要です。

セキュリティシステムは現在では様々な種類があります。

どのセキュリティシステムが良いのか予算面も考慮しながら検討していただければと思います。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)