中古コピー機(複合機)のおすすめメーカーを紹介!

業務で使用するコピー機(複合機)は様々な機能が搭載されており、高性能な機器となります。

ただ、100万円以上する複合機もあり高額な事務機器になります。

予算を抑えたい方は中古での購入も検討している方も多いことでしょう。

 

新品コピー機(複合機)の場合はオススメのメーカーの紹介記事はたくさん出ています。

しかし、中古機を紹介している記事は、実はあまりありません。

中古機でもっとも重要視されるのはコストパフォーマンスになります。

新品の紹介記事を参考にしてしまっては、中古機としてふさわしくないコピー機(複合機)を購入してしまうかもしれません。

 

そこで今回は、中古の複合機を購入する場合にオススメのメーカーをコストパフォーマンスの面からご紹介させていただきます。

これからコピー機(複合機)を検討している方は是非、参考にしてみてください。

 

オススメ中古複合機(コピー機)メーカー

早速、オススメの中古複合機をメーカー毎に紹介させていただきます。

中古機は販売されているタイミングなどにもよりますが参考にしてみてください。

 

SHARP

中古の複合機を購入する場合、まず一番にオススメしたいのがSHARP(シャープ)です。

SHARPの中古複合機の特徴は、なんといってもその圧倒的なコストパフォーマンス

年式の新しい中古品でも他と比べて安く、耐久力もしっかりと備えています。

また、大手の複合機メーカーなだけあって、機能性も抜群です。

中古市場での取扱数はもっとも多く、とても人気なメーカーです。

 

価格(安さ):★★★★

   耐久力:★★★☆

   コスパ:★★★★

 

・高年式モデルでも安価

・中古市場取扱数1位

・耐久力が高い

⇒SHARPの複合機にはどんな強みがあるの?3つの特徴を紹介

 

京セラ

次にオススメするメーカーは京セラ。

このメーカーは、そもそも新品、中古品に関わらず安く購入できることが特徴です。

コスパ面において価格は一番重要視したい部分なので、安価でコピー機(複合機)を手に入れられる京セラはとてもオススメです。

 

価格(安さ):★★★★

   耐久力:★★☆☆

   コスパ:★★★☆

 

・新品、中古に関わらず安価

⇒人気コピー機メーカー!!京セラ複合機の商品紹介

 

Canon

Canonはコピー機(複合機)の最大手メーカーです。

その規模から中古市場でも流通量が多く、性能の評判も悪くありません。

サポートが手厚いことが特徴で、中古の複合機であっても、故障時にはメーカーからのサポートを受けることができます。

他のメーカーと比べて購入費が安い、というわけではありませんが、購入後の保守料金と消耗品の価格は比較的安価です。

手厚いサポートにより長く使用できるという点を考慮すると、コストパフォーマンスは優れているでしょう。

 

価格(安さ):★★☆☆

耐久力   :★★★★

コスパ   :★★★☆

 

・中古の複合機でもサポートが手厚い

・高性能

⇒コピー機業界トップシェア!!キャノン複合機の商品紹介

 

コニカミノルタ

コニカミノルタの中古複合機は、デザイン系の企業に特化しています。

大きな特徴は、Macからの印刷に標準で対応しているということです。

ほとんどのメーカーの複合機はMacに標準対応していません。

オプションで追加しようとすると十数万円もの費用がかかってしまうので、Macを利用したいなら標準対応のコニカミノルタがオススメです。

また、耐久力もとても高く、紙詰まりは滅多におこしません。

 

価格:安さ:★☆☆☆

耐久力  :★★★★

コスパ  :★★★☆

 

・Macの印刷に標準で対応

・トップクラスの耐久力

⇒人気コピー機メーカー!!コニカミノルタ複合機の商品紹介

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

購入時の注意点

上記で紹介したコピー機メーカーはどれもオススメですが、なかには「粗悪品」と呼ばれるようなものも存在します。

せっかく購入したのに「すぐに壊れてしまった」「求めていたコピー機と違った」って事にならないように慎重に進めたいものです。

購入する際に失敗しないポイントをいくつか解説させていただきます。

 

カウンター枚数

粗悪品を掴まされないために、購入時にはカウンター枚数を必ずチェックしてみましょう。

カウンター枚数とは、今までトータルで何枚印刷してきたかがわかる数値です。

モノクロ総印刷枚数、カラー総印刷枚数を確認するようにしましょう。

 

コピー機(複合機)は印刷すればするほどに劣化していく機械なので、このカウンター枚数はなるべく少ないほうがお得になります。

車の走行距離と似ていますね。

 

中古業者によってはこのカウンター枚数を表示せずに販売しているところもあるので、注意が必要です。

参考までに新品の複合機の寿命は印刷300万枚と言われていますが、これは部品交換を含んでいません。

一般的には5万枚~10万枚の印刷で部品を交換する必要が出てくるため、この数値に近い中古の複合機を購入すると、すぐに部品を交換しなければならない可能性があります。

 

コピー機(複合機)のメンテナンス部品は高額になるので注意が必要です。

中古の複合機は保守契約を結んでいないので、部品を交換する場合はスポットで保守依頼をする必要があり、訪問費用、作業費用、部品費用など沢山の費用が発生します。

 

逆にカウンター枚数が1万枚前後のようなものはとても状態が良いものが多いです。

このようなコピー機(複合機)は人気なのですぐ売り切れてしまいますが、安価で手に入れられるのであれば、購入する価値は十分にあるでしょう。

⇒コピー機の保守契約!スポット保守契約とは?

 

 

機種の年式

もう1つ気をつけたい点がコピー機(複合機)の年式です。

複合機は発売されてから10年弱で部品の供給がなくなります。

そのため、あまりにも古い年式の複合機を購入してしまうと、故障時に部品を交換することができない事もあります。

「壊れたら新しい複合機を購入する」という考えなら問題はありませんが、修理しながら長く使いたいのであれば、なるべく新しい年式のものを購入しましょう。

 

さらに、年式によってはコピー機(複合機)の管理ソフトが、今使っているパソコンのOSに対応していない、という可能性もあります。

こちらも購入時には確実にチェックしておきましょう。

 

・カウンター枚数が多い中古複合機は壊れやすい

・年式が古いと部品交換ができない可能性がある

・使用しているパソコンのOSに対応していない可能性がある

⇒中古コピー機は大丈夫?メリットとデメリットを解説

 

 

まとめ

以上がオススメ中古コピー機(複合機)メーカーの紹介となります。

せっかく高額な複合機を購入するからには、なるべく長く使いたいですよね。

中古コピー機(複合機)の購入は安く手に入る分、リスクも伴います

 

また、カウンター総枚数が少ない機種でも購入してからすぐに壊れてしまう事もあります。

要は当たりハズレがあります

ハズレの機種を購入しないためにも説明させていただいた注意点は必ず確認しましょう。

 

今回の記事が、少しでも購入時の参考になると幸いです。

また、最近ではリースやレンタル契約でも安価なプランが多く出てきています。

手厚いサポートも受けられるため、是非こちらも検討してみてくださいね。

 

 

補足

大型コピー機レンタル「ZEROコピ」サービスではSHARPの機械を取り扱っております。

契約期間の縛りがないレンタル契約となり、月額2,980円~ご案内しております。

 

月額料金の中に保守メンテナンス費用が含まれているので、故障しても追加費用は一切かかりません

また、ZEROコピサービスは保守メンテナンスに特に力を入れております。

保守専用のフリーダイヤルを設け、電話で改善されないトラブルは基本的に当日に訪問させていただき対応をさせていただいております。

 

中古複合機のレンタルサービスになり、仮に部品の供給ができなくなった場合は新しい機種に無料交換させていただきます。

 

コピー機業界で断トツに安いサービスです!!

コピー機(複合機)の導入を検討している方は気軽にお問合せください。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)