業務用コピー機をの買取相場は?高く売るポイントを解説

コピー機(複合機)を買取りして使用しなくなった場合、ほとんどの方が廃棄処分をしていると思います。

コピー機は高額な商品で状態が良いものであれば買い取ってくれる業者が存在します。

 

「コピー機を高く買い取ってもらうにはどうしたらいい?」

「そもそもコピー機の買取り料金の相場は?」

「コピー機の買取り依頼はどの業者がいいのかな?」

 

など、コピー機(複合機)の買取り依頼について疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

コピー機買取りについて、いくつかのポイントをおさえておけば高く売れるのも事実です。

そのため、料金相場や高く売るコツを知れば、
想定以上の価格でコピー機が売れ、高く売れた分で最新機能を備えたコピー機も購入できますよ!

今回はそんなコピー機(複合機)の買取り料金の相場や、高く売るポイントについて徹底解説していきます。

是非、最後まで読んでもらい、コピー機を高く買い取ってもらいましょう!

 

売却できる業務用コピー機(複合機)の最低条件

どんな業務用コピー機でも売れるというわけではありません。

ほとんどの買取店では、以下の4つの項目にあてはまる業務用コピー機の買取はできないようになっているので、注意が必要です。

 

①起動しない業務用コピー機

起動しない業務用コピー機に関しては、買い取っても再利用が出来ないことがほとんどであるため、基本的には買い取ってもらえません。

しかし、印字不良などの軽い故障の場合は買い取ってもらえる可能性があるため、一度査定をお願いしてみましょう。

 

②販売から10年以上経過している業務用コピー機

10年以上経過している業務用コピー機に関しては、メーカーがそのモデルのコピー機の部品販売を中止してしまうことで、整備や再販が難しくなるため、買い取ってもらえません。

 

③ドラムが取り除かれている業務用コピー機

消耗品であるドラムが取り除かれている業務用コピー機に関しては、業務用コピー機のドラムが非常に高価であり、これが取り除かれているとまともに値が付けられなくなるため、買い取ってもらえません。

 

④ADFが付いていない業務用コピー機

ADFが付いていない業務用コピー機に関しては、ADF機能は日常的に使用する必須レベルの装置と見なされているため、買い手が付かないことにより買い取ってもらえません。

⇒複合機、コピー機の便利機能『ADF』でできること・注意点

 

 

コピー機の買取り料金の相場は?

コピー機(複合機)はコピー・FAX・スキャン・プリントアウトなど、多くの機能が詰まっております。

さらにメーカーや機種によって機能の数や型式に大きな違いがあり、買取り料金の一般的な相場を提示するのはむずかしい場合もあります。

特にコピー機(複合機)の総印刷枚数は重要なポイントのひとつとなります。

 

コピー機(複合機)の機能が限られ、型式が古ければおよそ「1,000~30,000円」の値が付く事があります。

また、高速印刷・ICカードによる認証などの割と新しいコピー機であれば「30,000~70,000円」が相場です。

中には、大画面パネルやクラウド連携機能が付いた最新コピー機は70,000円を超えるケースもあり、いずれにしてもコピー機の性能や状態、総印刷枚数などによって大きくことなるのが現実です。

 

⇒複合機・コピー機のICカード認証・パスワード認証とは?

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

査定でチェックされるポイント

業務用コピー機(複合機)は、査定で以下の点をチェックされます。

・モデル

・状態

・付属品の有無

・引き取りにかかる費用


この中で、一番価格が大きく変動する点がモデルです。

最新モデルであればかなりの値段が付きますが、型落ちのモデルだと平均額を大きく下回る可能性があります。

しかし、最新のモデルでなくとも、人気メーカーや人気のモデルなど、需要の高いコピー機に関しては高値が付けられます。

状態は、キズの有無や黄ばみをチェックされます。

業務用コピー機はクリーニングが難しい機械なので、大きなキズがあったり、全体が黄ばんでしまっていたりすると減額されてしまいます。

 

そして、注意が必要なのが引き取りにかかる費用です。

業務用コピー機を売却するときは、買取業者にコピー機を運んでもらうことになるため、費用が発生します。

店舗からの距離によって費用が変わることが多いため、50キロ以上離れているような遠い場所からの引き取りを依頼するときは、引き取り費用を確認しておきましょう。

 

ポイント

・買取額は業務用コピー機(複合機)のモデルと状態によって決まる

・売却時には距離に応じて引き取り費用がかかる

 

 

コピー機はどこで買い取ってもらうのがいい?

コピー機(複合機)はどこで売ればいいのか?どこが一番高く売れるのか気になってくるポイントだと思います。

コピー機(複合機)を買い取ってもらう方法は、主に「総合買取専門店」「オフィス機器買取専門店」があります。

それぞれの違いについて見ていきましょう!

 

<総合買取専門店>

総合買取専門店は、いわゆるリサイクルショップをイメージしてもらえれば良いかと思います。

例えば、会社移転を検討する際、コピー機(複合機)の他にも机やイスを処分したい場合もありますよね。

総合買取専門店はうまく対応してくれ、思わぬ収入があるかもしれません。

 

しかし、総合買取専門店はコピー機(複合機)のプロではないため、たとえ最新のコピー機であっても査定が低くなる可能性もあります。

コピー機(複合機)以外の備品があれば、総合買取専門店に依頼しても良いですね。

 

 

<オフィス機器買取専門店>

オフィス機器買取専門店は、コピー機の専門家が集まる店舗です。

そのため、型式・印刷枚数・性能・外観など、多くの査定ポイントから金額を出してくれるので、コピー機(複合機)本来の価値が出るのが特徴になります。

 

また、出張や宅配サービスで、コピー機(複合機)を店舗に運ぶ手間を省いてくれる専門店もあり、時間や労力を削減できます。

しかし、総合買取専門店にあった、コピー機以外の備品の買取りは、基本的には行ってくれません。

コピー機が比較的新しく、他に買い取ってもらうものがなければ、オフィス機器買取専門店を検討してみましょう!

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

コピー機を高く売るポイント

コピー機(複合機)はちょっとした工夫で買取り額がいっきに跳ね上がるケースもあります。

これから紹介するポイントを是非、おさえておきましょう!

 

<外観をきれいにする>

コピー機(複合機)の買取り依頼時は、外観をきれいにするのを忘れずにしましょう。

専門店スタッフの方々が、コピー機(複合機)を清掃してから査定をするわけではなく、持ち込んだコピー機そのままの状態で審査されます。

そのため、本体のタバコによる汚れやほこりなどのほかにも、読み取りガラスや原稿送り装置の清掃も欠かさず行う必要がありますね。

⇒コピー機の印刷汚れを消すにはクリーニングが効果的

 

<付属品は揃える>

コピー機(複合機)を買い取ってもらう場合、付属品は揃えた状態で依頼しましょう。

例えば、ケーブル・取扱説明書や保証書・ドライバディスクなど、細かい付属品があるだけで、査定価格は違います。

そのためにも、今後コピー機(複合機)を売る予定があるなら、今の段階から付属品をひとまとめにしておくと良いですね。

 

<動作チェックをする>

コピー機(複合機)売却の際は、動作チェックは忘れずに行いましょう!

現在、使用していれば問題ありませんが、中には倉庫に眠ったコピー機を売りたい方もいますよね。

長年使用していないコピー機は動作しない可能性があり、専門店に持ち込んでも受け取り拒否される可能性も。

そのため、未使用期間が長いコピー機は、査定前に印刷をするなど動作チェックをしておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はコピー機(複合機)の買取料金の相場や高く売るポイントについて解説しました。

コピー機(複合機)は本体の型式・総印刷枚数・機能・外観によっても査定価格が大きくことなり、買取専門店によっても審査ポイントが違うのが特徴です。

 

また、コピー機(複合機)の外観をきれいにし、付属品を揃えるなどのひと工夫を入れるだけでも、金額が大幅にアップする可能性もあります。

そのため、自分たちに合った業者に依頼し、査定ポイントを把握した上で買取依頼をかけると良いですね。

事前準備を万全にしておけば、コピー機を想像以上に高く売れますよ!

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)