富士フィルムビジネスイノベーションの人気機種『ApeosPortC2570シリーズ』

業務用コピー機のメーカーは「富士フィルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)」「キャノン」「リコー」「京セラ」「シャープ」「コニカミノルタ」「ムラテック」「東芝」など多くありますが、今回はその中でも特に人気メーカーの富士フィルムビジネスイノベーションついてご紹介いたします。

⇒業務用コピー機メーカーランキング~2021年版~

 

日本で出荷台数1位の富士フィルムビジネスイノベーションですが、
その人気メーカーの富士フィルムビジネスイノベーションから、新しいシリーズ「ApeosPort(アペオスポート)」が登場しました。

⇒コピー機業界No1!!ゼロックス複合機の商品紹介

 

ApeosPortの広告を見ても、新シリーズへのメーカーの力の入れ方が伝わってきます。

ApeosPortはこれまでのカラー複合機とはどう違うのでしょうか?

この記事では「ApeosPort(アペオスポート)」の特徴を確認していきます。

 

■参考URL

https://www.fujixerox.co.jp/product/multifunction/ap_c7070

 

 

富士フィルムビジネスイノベーション「ApeosPort(アペオスポート)」とは?

複合機、コピー機の出荷台数ナンバー1の富士フィルムビジネスイノベーションが、新しく展開するカラー複合機が「ApeosPort(アペオスポート)C2570」シリーズです。

 

「“やさしい、かんたん・あんしん、つながる”複合機」を目指したということで、従来機よりもわかりやすく直感的なユーザーインターフェースや、クラウドやスマートフォンなどの連携機能を強化したことが大きな特徴です。

リモートワークが急に普及した、今の時代にぴったりですね。

また、デザインも良く、2020年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

もちろん富士フィルムビジネスイノベーションの従来機種の高い印刷品質や耐久性なども継承しながら、新しい機能を搭載して大幅に進化しました。

ApeosPortではどんなことができるようになったのか、具体的な特徴を見ていきましょう。

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

富士フィルムビジネスイノベーション「ApeosPort(アペオスポート)」の特徴

富士フィルムビジネスイノベーションの最新機種「ApeosPort(アペオスポート)C2570」シリーズの特徴についてご紹介させていただきます。

この章では9つのポイントに絞って解説させていただきます。

是非、参考までにご確認ください。

 

 

①使いやすいタッチパネル

ApeosPortの操作画面には、タッチパネルを採用しています。

わかりやすいユーザーインターフェースで、スマートフォンのような直感的な操作が可能です。

また、タッチパネルは角度調整ができるチルト機構を採用。

室内照明の反射を避けたり、身長に合わせて見やすい角度に調整でき、操作がしやすいように工夫されております。

 

 

②ホーム画面のカスタマイズ

ホーム画面のアプリや、コピー・スキャン・FAXなどの並び順の変更・非表示ができます。

項目を探しやすい一覧表示にして、少ないアクションで選択する事ができます。

変更もスマートフォンのようにドラッグアンドドロップで直感的に操作できます。

すべての操作が指先ひとつで簡単操作が可能です。

共通のホーム画面だけでなく、個人認証後の画面もカスタマイズでき、それぞれのユーザーの利便性・操作性を向上します。

 

 

③定型業務をワンタッチ化

よく使う機能や設定を、アプリ化してホーム画面に登録できます。

都度設定に時間をかける事がなく、登録した業務はアイコンをワンタッチするだけで開始できます。

登録していれば複雑な設定も簡単に呼ぶ出す事ができるので効率的に業務が行えます。

また、アプリ化したデータはアイコンを選択できたり、好きな名称に設定が可能です。

 

 

④多言語対応

言語の表示を、日本語/英語のほか、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語などに切り替えられます。

外国の方も戸惑うなく簡単に操作を行えます。

 

 

⑤定型的なスキャンを自動化

 

「業務別らくらくスキャンPro」を使用すれば、業務や文書の種類別にあらかじめ設定しておいたボタンを押すだけで、ファイル形式の指定、ファイル名の付与など、スキャンした文書を適切な保存先に自動的に格納することができます。

また、文書内の特定箇所を抽出して、読み取った文字をファイル名に指定する事もできます。

 

スキャンオート機能を使用すれば、原稿の向きや片面/両面を気にせず、ボタン一つで簡単スキャンが可能です。

認証機能の利用により、自分のメールアドレスが宛先に自動設定されます。

⇒「業務別らくらくスキャンPro」参考ページ

 

 

⑥多彩なペーパーレスFAX機能

 

FAX文書を紙に出力せずに、パソコンやモバイル端末に転送することができます。

受信したFAXは電子化され、送信元情報にもとづいて自動的に受信日・担当者別に振り分けられます。

曜日・時間を設定すれば、受信したFAXを、勤務時間中は紙に出力、帰宅後はメールで送信、ということも可能です。

この設定はボタンひとつで切り替えられるので、急な外出でも安心です。

 

また、ファクス送信と同じように、あらかじめ指定したPCまたはメールに同じ文書を自動転送ができます。

わざわざ紙文書をファイリングしなくても、情報の管理・監視・追跡が可能になり、情報漏えいリスクを低減します。

 

 

⑦スマートフォンを操作パネル代わりに

アプリを使用して、スマートフォンでコピー・スキャン・FAXなどの設定をすることができます。

設定したスマートフォンを複合機へかざすだけで、すぐにジョブが開始されます。

スマートフォンに保存されている写真や文書をすぐに印刷する事ができます。

また、スマートフォンにに登録されているアドレスを使ってファクス送信やメール送信ができます。

 

 

⑧高いセキュリティ

 

不正アクセス、情報漏えい、データ改ざんなどの脅威に対し、包括的なセキュリティ対策を備えています。

米セキュリティ対応基準の「NIST SP800-171」に準拠、日本初のAAAに格付けされています。

お困りごとでも、わかりやすいヘルプ機能で自己解決が簡単にできるようになっています。

 

複合機が起動する時にプログラムの改ざんがないかをチェックし、改ざんを検知した場合は複合機を起動させません。

また複合機の稼働中にウィルスや不正アクセスなどによる改ざんも検知します。

起動時にも稼働時にもお客様の情報を守ります。

 

 

⑨あんしんサポート

 

常に最新の設定情報をクラウド上のサーバーにバックアップしておける無償サービスです。

不測の事態に備えて、安心して複合機をご利用いただけます。

消耗品の交換から万一のトラブル対応まで、カストマーエンジニアや営業担当者の訪問を待つことなく、すばやく解決できます。

 

複合機の操作パネル上でお困りごとを検索・確認できます。

また、複合機の操作パネルに表示されたQRコードからモバイル端末でもヘルプ情報の検索や確認ができます。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)

 

 

「ApeosPort(アペオスポート)」の標準価格(税別)

 

ApeosPort C2570 (Model-P)  1,300,000円~ 25枚/分

ApeosPort C2570 (Model-PFS)  1,900,000円~ 25枚/分

ApeosPort C3070 (Model-P)  1,380,000円~ 30枚/分

ApeosPort C3070 (Model-PFS)  1,980,000円~ 30枚/分

ApeosPort C3570 (Model-P)  1,630,000円~ 35枚/分

ApeosPort C3570 (Model-PFS)  2,230,000円~ 35枚/分

ApeosPort C3570 (Model-PFS-2TS)  2,110,000円~ 35枚/分

ApeosPort C4570 (Model-PFS)  2,580,000円~ 45枚/分

ApeosPort C5570 (Model-PFS)  2,930,000円~ 55枚/分

ApeosPort C5570 (Model-PFS-2TS)  2,810,000円~ 55枚/分

ApeosPort C6570 (Model-PFS)  3,950,000円~ 65枚/分

ApeosPort C7070 (Model-PFS)  4,190,000円~ 70枚/分

 

■参考URL

https://www.fujifilm.com/fb/product/multifunction/ap_c7070/price.html

 

 

まとめ

富士フィルムビジネスイノベーションの複合機、コピー機は印刷画質の高さに定評があります。

さらに複合機本体の耐久性も高く、故障などのトラブルも少ないと言われています。

この2点が、富士フィルムビジネスイノベーション業界ナンバー1になれた秘訣でしょう。

 

「ApeosPort(アペオスポート)」は、そんな評判を獲得してきた従来機の良い部分を継承しながら、
さらに誰にでも使いやすく、クラウドやスマートフォンなどとの連携を強化されました。

外部との接続があるとセキュリティ面が心配になりますが、セキュリティ面も大幅に強化しています。

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれる昨今ですが、
「ApeosPort(アペオスポート)」を導入すれば、多彩なスキャン機能によって紙の文書を素早く電子化し、
そのままクラウドで情報共有することができるようになります。

オフィス全員の仕事のスタイルを大きく変え、大幅な効率化ができるでしょう。

リモートワークにも大いに役立ってくれます。

 

「ApeosPort(アペオスポート)」シリーズ以前に富士ゼロックスが展開していた
カラー複合機「DocuCentre」シリーズは、2020年10月をもって販売終了となりました。

販売終了となると、今後のサポートについても不安があります。

また、評判だったシリーズを終了してApeosPortシリーズに一本化されたことは、メーカーのApeosPortへの自信の表れでもあるでしょう。

もし今後、富士フィルムビジネスイノベーションの複合機を導入するのなら「ApeosPort(アペオスポート)」シリーズをおすすめします。

 

 

補足

大型コピー機レンタル【ZEROコピ】サービスでもレンタル契約だけではなく、リース契約のご案内も可能です。

⇒ついに登場!!【ZEROコピ】リースエリアフリー

 

富士フィルムビジネスイノベーション「ApeosPort(アペオスポート)」の標準価格をご紹介しましたが、標準価格よりもお安くご提案が可能です。

コピー機のプロ!!ZEROコピスタッフがお客様の代わりにメーカーに直接、値引き交渉をさせていただきます。

複合機、コピー機の導入を検討されている方は是非、お問合せください。

 

 

■お安い大型レンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)
■リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)
■小型機のレンタルをお考えの方はこちら(1週間無料お試し)